ホリデーシーズン&バレンタインに向けたおもたせ図鑑のスペシャル企画として、おもたせ部のメンバー4名で全国から取り寄せたチョコレート30個の食べ比べ座談会を開催!

 

5回は、常日頃お酒に合うか否かという目線で美味しいカカオを探している、おもたせ部部員&編集/ライター、本間のMY BESTを発表させていただきます。

 

文・本間裕子

人物写真・チダコウイチ

商品写真・おもたせ部

 

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編
【おもたせにしたい部門】

1位:東京・池尻大橋「クラフト チョコレート ワークス」の「CRAFT PUDDING」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「CRAFT PUDDING <4個セット>」¥2,980 / クラフト チョコレート ワークス

https://ccworks.theshop.jp/

 

2位:東京・蔵前「ダンデライオン・チョコレート」の「カヌレ」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「カヌレ 8個セット」¥3,564 / ダンデライオン・チョコレート

https://dandelionchocolate.jp/

 

3位:京都「RAU」の「Nami-Nami」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「Nami-Nami」(6本入り)¥2,700/RAU

https://rau-kyoto.com/

 

 

おもたせということで、シェアしやすく、間口の広い美味しさのものを選びました。カカオのプリンという珍しさながら、誰にも愛される美味しさに仕立てあげられている「CRAFT PUDDING」は、皆んなを笑顔にすること間違いなし。2位のカヌレは日持ちも14日間と長めなので、贈られた側に負担をかけないのも魅力だと思いました。3位の「Nami-Nami」は、和を感じられるルックスが美しく、これぞ“大人のおもたせ”という感じ。センスの良い方に贈りたいです。

 

【食べごたえ部門】

1位:東京・蔵前「ダンデライオン・チョコレート」の「カヌレ」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「カヌレ 8個セット」¥3,564 / ダンデライオン・チョコレート

https://dandelionchocolate.jp/

 

2位:沖縄「タイムレスチョコレート」の「純黒糖チョコレートテリーヌ BRAZIL80%」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「純黒糖チョコレートテリーヌ BRAZIL80%」¥4,104/タイムレスチョコレート

https://timelesschocolate.com/

 

3位:東京・中目黒「グリーンビーントゥバーチョコレート」の生チョコレート

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「生チョコレート 8個入り」¥3,780 / グリーンビーントゥバーチョコレート

https://greenchocolate.jp/

 

 

ちょっとお腹が空いた時に、少量でも満足感を与えてくれそうなものを選びました。「ダンデライオン・チョコレート」の「カヌレ」は、サイズ感も程よく、しっとりもっちりした食感が美味しさのアクセントに。「純黒糖チョコレートテリーヌ BRAZIL80%」は、今回食べ比べたテリーヌ系の中で最も甘みが感じられ、疲れを感じた時の特効薬に良さそう。「グリーンビーントゥバーチョコレート」の生チョコレートは、しっかりと酸味が感じられて一粒での満足感が抜群!満足感を与えるのはもちろん、気持ちをONに切り替えてくれる美味しさです。

 

【甘さ部門】

1位:沖縄「タイムレスチョコレート」の「純黒糖チョコレートテリーヌ BRAZIL80%」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「純黒糖チョコレートテリーヌ BRAZIL80%」¥4,104/タイムレスチョコレート

https://timelesschocolate.com/

 

2位:北海道「サタデイズチョコレート」の「リッチ・ブラウニーセット」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「リッチ・ブラウニーセット」(2種類×2個入り)¥1,829/サタデイズチョコレート

https://www.saturdayschocolate.com/

 

3位:大分「テオムラタ ショコラティエ」の「ビーンズショコラ」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「ビーンズショコラ3本桐箱セット(ピスタチオショコラ、ヘーゼルナッツショコラ、アマンドミルク)」¥2,660/テオムラタ ショコラティエ

https://murata-shop.jp/theomurata/

 

 

甘さが際立っていると、子供向けのもの?と思われがちですが、そのイメージを覆す、大人にも響くタイプを選びました。ただ甘いだけでなく、酸味や苦味も感じられるので、味わいに深みがあり、甘いのにしつこくない。「純黒糖チョコレートテリーヌ BRAZIL80%」はその名の通り、黒糖ならではのスッキリとしたキレのある甘さが魅力的で、甘いものは苦手という方にも是非試していただきたい!!

 

【カカオ度部門】

1位:岡山「石挽カカオissai」の「テイストセット」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「テイストセット」(3枚セット)¥2,000 / 石挽カカオissai

https://www.ishiyamayuen.jp/

 

2位:島根「La chocolaterie NANAIRO」の「Seasonal Tablet Delaware」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「Seasonal Tablet Delaware」¥2,200/La chocolaterie NANAIRO

https://chocolate-nanairo.com/

 

3位:東京・富ヶ谷「ミニマル」の「生ガトーショコラ -NUTTY-

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「生ガトーショコラ -NUTTY-」¥3,510/ミニマル

https://mini-mal.tokyo/

 

 

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

カカオ度部門は、ユニークな提案のチョコレートで選んでみました。1位はビーントゥバーの火付け役による、「生チョコレート」を。滑らかな口溶けの中にもしっかりとカカオの味わいを感じられます。2位の「Almond Chocolate Dark」は、シンプルなアーモンドチョコですが、高カカオのビターな風味がお酒のお供にも相応しい。これがバーで出てきたら嬉しいですね。そんな日常が待ち遠しいです。そして、外せないタブレットですが、3位にじっくりとカカオの産地の違いを楽しめる「テイストセット」を選びました。3枚セットでガーナ、ペルー、コロンビア産チョコレートの食べ比べができるところが高カカオ好きにおすすめです。

 

【サプライズ部門】

1位:福岡「カカオ研究所」の「カカオバー(山椒)」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「カカオバー(山椒)」¥756/カカオ研究所

https://cacaoken.com/

 

2位:広島「ウシオショコラトル」の「ほうじ茶カシューミルク」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「ほうじ茶カシューミルク」(右上、左上)、「カシューホワイト」(右下、左下) 各¥1,296/ウシオショコラトル

https://ushiochocolatl.stores.jp/

 

3位:青森「浪漫須貯古齢糖(ロマンスチョコレート)」の「ヒゲと葉巻」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「ヒゲと葉巻」¥1,058/浪漫須貯古齢糖(ロマンスチョコレート)

https://romance-cacao.shop-pro.jp/

 

 

1位、2位はともに組み合わせの妙、そして3位はモチーフの面白さに心を掴まれました。いずれもカカオ上級者を唸らす、カカオの個性がしっかり感じられる本格派のでありながらチャレンジ精神、遊び心に溢れているところに魅力を感じます。おもたせ部門には入れていないものの、親しい友人にさりげなく贈るのにも良さそう。カカオは人をハッピーな気持ちにできる最良のツールであることを再確認しました。

 

【総合MY BEST3】

1位:東京・池尻大橋「クラフト チョコレート ワークス」の「CRAFT PUDDING

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「CRAFT PUDDING <4個セット>」¥2,980/クラフト チョコレート ワークス

https://ccworks.theshop.jp/

 

 

一口食べた時の多幸感が圧倒的で、すぐに「ああ、これを○○さんに食べさせたい」と家族や友人の顔が浮かぶ美味しさでした。濃厚な味わいと口どけのよさが特徴的で、奇をてらわないルックスと相まって絵本に出てくるような夢のお菓子感満載。また集える時期が来たら、この美味しさを親しい友人とシェアしたいです。

 

2位:東京・中目黒「グリーンビーントゥバーチョコレート」の生チョコレート

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「生チョコレート 8個入り」¥3,780 / グリーンビーントゥバーチョコレート

https://greenchocolate.jp/

 

 

基本的に甘党ではない私にとって、カカオに求めるのは酸味や苦味が感じられること、そしてお酒に合うこと。その両方をかなえてくれる「グリーンビーントゥバーチョコレート」の生チョコレートは、自分へのご褒美として購入したい!と思いました。しみじみと唸ってしまう美味しさを、赤ワインとともに楽しめたら言うことなしです!

 

3位:広島「ウシオショコラトル」の「ほうじ茶カシューミルク」

チョコレート食べ比べ座談会 vol.5 マイベスト3はこれ!本間裕子編

「ほうじ茶カシューミルク」(右上、左上)、「カシューホワイト」(右下、左下) 各¥1,296/ウシオショコラトル

https://ushiochocolatl.stores.jp/

 

 

カカオ+αの中で、チャレンジングでありながらセンスがキラリと光るのが「ほうじ茶カシューミルク」でした。後味に広がるほうじ茶の風味が心地よく、そして面白い!そのユニークな美味しさに、作り手の想いを受けとれたような感じがして、食べた後も余韻が広がります。

 

 

カカオを食べ進めると、“高カカオこそ上級者”という感じになりがちですが、今回30種類を食べ比べる中で、カカオの美味しさを伝える手段、そして極める手法は想像以上にたくさんあるということに気づかされました。そしてカカオの美味しさは、心のカンフル剤になり得ることも再確認!疲れた心を解して、温めてくれるので、冬を乗り切るベストパートナーにもなってくれそうです。

 

 

PROFILE

 

本間裕子

編集者・ライター。大学卒業後、(株)INFASパブリケーションズに入社。ファッション週刊紙「WWD JAPAN」、コレクションマガジン「FASHION NEWS」の編集を経て、美容週刊誌「WWD BEAUTY」に創刊時より携わる。退社後、フリーランスの編集・ライターとして、化粧品、食料品メーカーをメインクライアントに、ブランディング、広告制作等に携わる。甘いものは得意ではないが、カカオは大好きでコーヒー、赤ワイン、ラムに合わせて日常的に食している。料理家など食に携わる人たちとの交流が深い。

 

インスタグラム:@uozazaza

 

 

 

〈関連記事〉
▶ おもたせ図鑑SPECIAL 全国30店のチョコレート食べ比べ座談会 vol.1

▶ 全国30店のチョコレート食べ比べ座談会 vol.2 総合ランキング発表。日本一美味しいチョコを探せ!

▶ チョコレート食べ比べ座談会 vol.3 マイベスト3はこれ!門前直子編

▶ チョコレート食べ比べ座談会 vol.4 マイベスト3はこれ!佐々木彩編