APeCAでは「大切なあの人と一緒に食べたい」という気持ちを込めて、手土産を“おもたせ”と表現し、厳選のチョコレート菓子を紹介しています。

 

皆さんはビーン・トゥー・バーといったらどんなチョコレートを想像しますか?そうそう、色がかなり濃い茶色の、高カカオのチョコレートですよね。今回ご紹介するのは、白いビーン・トゥー・バー。これは珍しい!

 

ショコラティエ パレ ド オール ブラン “世界でも珍しい白のビーン・トゥ・バー”

パレドオール ブラン(4個入り) ¥2,376 / お取り寄せ可能:日持ち 2週間

 

ここ数年すっかりチョコレートの潮流として定着したビーン・トゥ・バーですが、ホワイトチョコレートでもそのこだわりの逸品が存在するんです。ショコラティエの三枝俊介さんが手がける「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」の代表作「パレドオール ブラン」をご存知ですか?カカオ豆の選別から焙煎はもちろんのこと、搾油という工程でカカオバターを絞り、そこにミルクと砂糖を加え自家製のホワイトチョコレートを作り出しています。

 

 

ショコラティエ パレ ド オール ブラン “世界でも珍しい白のビーン・トゥ・バー”

ガラス張りの工房が設置された青山の店舗。豆の選別やカカオバターの搾油機が常時稼働している

 

 

せっかくカカオ豆にこだわっているのだからカカオバターも自前で、と手間のかかる工程を厭わず、世界でも少ないカカオ豆から一貫して作られたホワイトチョコレートです。自家製のためカカオバターの鮮度が高く、ホワイトチョコレート特有のベタつきを敬遠する人にこそ食べてもらいたい名品。滑らかでさらりとした口どけ、けれどミルキーなコクはしっかりと感じられる豊かな味わいです。

 

製造の奥深さへも思いを馳せて食したい本格的かつ珍しいチョコレートは、グルメな舌を持つ友人へ渡したいですね。このチョコレートをきっかけに、さらに美味しいものの情報交換へと話題が続くような、食いしん坊の探究心に火をつける唯一無二のチョコのお持たせになることでしょう。(文・佐々木彩)

 

ショコラティエ パレ ド オール ブラン “世界でも珍しい白のビーン・トゥ・バー”

金箔が乗せられた丸いホワイトチョコ。フィリングは滑らかな口溶けで、ミルキーな味わいが広がる

 

ショコラティエ パレ ド オール ブラン “世界でも珍しい白のビーン・トゥ・バー”

ホワイトチョコの愛らしさを表現するように、白の小さなラメがきらきらと輝くパッケージ

 

 

About BRAND

 

CHOCOLATIER PALET D’OR BLANC(ショコラティエ パレ ド オール ブラン)

「CHOCOLATIER PALET D’OR BLANC」は、ホワイトチョコレートのBean to Barブランドとして2019年に誕生。ショコラティエの三枝俊介が手がけている。三枝氏は、リヨンの巨匠・故モーリス・ベルナシオン氏から薫陶を得たショコラティエで、2004年に「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」をオープンし、本格的なカカオの香りを大切にしたショコラを作り続けるなど、日本のチョコレート界の発展に尽力してきた一人。同ブランドでは、カカオ豆から一貫製造でホワイトチョコレートを製造している。

https://www.palet-dor.com/p_blanc.html

Instagram:@palet_dor

 

 

〈ここで買えます〉

 

ショコラティエ パレ ド オール ブラン

住所:東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館地下1

TEL:03 3470 0613

営業時間:11:00~19:00 無休

 

公式オンラインショップ

https://palet-dor.ocnk.net