APeCAでは「大切なあの人と一緒に食べたい」という気持ちを込めて、手土産を“おもたせ”と表現し、厳選のチョコレート菓子を紹介しています。

 

目上の方への贈り物などきちんとしたシーンでは、有名ショコラティエの高級チョコを選びがちですが、毎回それでは新鮮味に欠けるな、と思うこともありますよね。そんな時にうってつけなのが、ホテルのおもたせ。パッケージにも高級感漂うホテルのお菓子なら、相手の好みが分からない時でも安心です。

 

今回おもたせ部の佐々木彩さんが紹介するのは、アマン東京のチョコレート。アマンリゾーツといえば、都会の隠れ家や大自然の絶景の中など、世界各地でラグジュアリーな非日常を提供し、トラベラー達を魅了し続けるリゾート。一生に一度は泊まってみたいと憧れるホテルは数あれど、アマンリゾーツはそのひとつなのではないでしょうか。

 

日本初のアマンとして2014年に開業したアマン東京は、大人のための都会のオアシス。東京のど真ん中、大手町の緑深い隠れ家的ホテルはダイナミックな都会と繊細な文化のバランスが見事に調和された、洗練された空間。アマン東京が生み出すチョコレートは繊細で奥深い味わいが魅力とのこと。さて、その味わいとは、そしてパッケージは。

 

アマン 東京 “モダニティが光る5粒のガナッシュチョコ”

「オリジナル チョコレート 5種」 ¥3,240 お取り寄せ可能 日持ち :2週間

 

 

贅沢な味わいを予感させる5粒のチョコレートは、「アマン東京」のもの。世界中のトラベラーたちが魅了されてきたアマングループによる初の都市型ホテルという話題性はもちろん、モダニティを感じさせるシックなボックスは、受け取った誰もが美味しさへの期待値をぐんとアップさせることでしょう。だからこそ、ここぞという時に、エグゼクティブへの手土産として是非とも選びたいところです。

 

洗練されたひと箱に詰められているのはバラエティに富んだ5つ。甘酸っぱいラズベリーのジャムとピューレ入り、爽やかで日本らしさ感じる柚子、ホワイトチョコレートをベースとしたピスタチオ、ライムが効いたキャラメルソースを詰めたもの、そして中央にはエクアドル産とマダガスカル産のチョコレートをブレンドしたオリジナルと、甘味と酸味そして食感と一粒一粒の個性が絶妙なハーモニーを紡いで一列に収まっている。

 

ラグジュアリーなホテルメイドならではのホスピタリティを感じさせるおもたせとして、目上の方や大切な取引先をはじめ、お世話になった方への感謝を込めた贈り物としても最適です。(文・佐々木彩)

 

アマン 東京 “モダニティが光る5粒のガナッシュチョコ”

長方形のボックスには、ホワイトの帯がかけられ、シンプルかつモダンさが光るパッケージ。

 

 

アマン 東京 “モダニティが光る5粒のガナッシュチョコ”

5つのフレーバーは、控え目な甘さとそれぞれの風味をしっかりと感じられるガナッシュが特徴。(右上から順に:柚子、ラズベリー、アマン東京オリジナル、ピスタチオ、ライムキャラメル)

 

 

アマン 東京 “モダニティが光る5粒のガナッシュチョコ”

ラウングレーのシックなショッパーは、スーツとも相性が良いので、エグゼクティブへ渡すときにも相応しい。

 

 

 

 

About BRAND

 

AMAN TOKYO(アマン 東京)

アマン初の都市型ホテルとして2014年に誕生した「アマン 東京」。2021年からオンラインショップがスタートし、オリジナルチョコレートが発売に(ホテル内の「ザ・カフェ by アマン」でも購入可能)。ショコラティエとして受賞歴もあるエグゼクティブペストリーシェフの宮川佳久氏が手がけている。2021年10月には、オリジナルチョコレートのほかスイーツやサンドイッチを含むパン類を販売するペストリーショップ「ラ・パティスリー by アマン東京」が、ホテルのある大手町タワー「OOTEMORI」地下2階にオープン予定。

https://shop.amantokyo.com

@aman_tokyo

 

 

 

〈ここで買えます〉

 

アマン東京 「ザ・カフェ by アマン」

住所:東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー  1F別棟

TEL:0352243339 (アマン東京レストラン予約)

営業時間:11:00~19:00

 

公式オンラインショップ

https://shop.amantokyo.com