業務用マスタードで国内トップシェア、一般向けの商品も展開する愛知県一宮市のからしメーカー『美ノ久(みのきゅう)』がクーベルチュールチョコレートを主原料としたチョコレートソースを発売。ココアパウダーを主原料とするチョコレートソースが主流の中、これまで培った乳化技術で濃厚な味わいを実現しました。

 

取引先からの相談をきっかけにチョコレートソース開発に着手
明治8年創業、愛知のからしメーカー『美ノ久』が濃厚チョコレートソースを発売。クーベルチュールチョコレートを主原料に他社と差別化
「チョコレートソース」1本310g/648円

居酒屋やカフェなど、さまざまな業態にマスタード製品を販売している美ノ久。チョコレートソース開発に取り組み始めたのは約3年前、取引先のカフェから「本格的なチョコレートソースを使用したドリンクを販売したい」と相談されたことがきっかけだったそう。

明治8年創業、愛知のからしメーカー『美ノ久』が濃厚チョコレートソースを発売。クーベルチュールチョコレートを主原料に他社と差別化
美ノ久のチョコレートソースを使ったチョコレートドリンク

美ノ久営業部の土井陽介課長は「その頃は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で居酒屋業態からの受注が減ったタイミングとも重なり、私たちとしても今後につながる新たな商品を発売したいと思っていたところでした」と話します。

繊細な調整・試作を繰り返し、商品化まで3年

実際に調べてみると、市販されているチョコレートソースの多くはチョコレートではなくココアパウダーが主原料になっていることを確認。そこで他社との差別化を図るべく、国際規格を満たした製菓用チョコレート=クーベルチュールチョコレートでの開発を進めることになったそう。

明治8年創業、愛知のからしメーカー『美ノ久』が濃厚チョコレートソースを発売。クーベルチュールチョコレートを主原料に他社と差別化

チョコレートソースの製造には乳化技術が必要になりますが、美ノ久ではこれまでに培った乳化技術や製造ラインがありました。しかしチョコレートに含まれるココアバターの融点の問題もあり、乳化崩れが発生するなどスムーズには行かなかったそう。数十種類の乳化剤と配合調整、保存試験など試作を繰り返し、3年をかけて商品化にこぎつけました。

 

明治8年創業、愛知のからしメーカー『美ノ久』が濃厚チョコレートソースを発売。クーベルチュールチョコレートを主原料に他社と差別化
チョコレートソースを使ったチョコチーズケーキ。レシピは美ノ久Instagramに掲載

クーベルチュールチョコレートを使用したチョコレートソースは濃厚でカカオの深みが感じられる味わい。湯せんなどでチョコレートを溶かす必要がなく、そのままドリンクやスイーツづくりに活用できます。

 

本商品は美ノ久 楽天市場店でオンライン購入できるほか、2022年4月からは美ノ久の工場所在地である岐阜県安八町のふるさと納税返礼品にも採用されています。

 

 

■商品概要■

商品名:チョコレートソース

1本310g/648円(税込)

・美ノ久公式サイト

http://www.minokyu.co.jp/

・美ノ久 楽天市場店

https://www.rakuten.co.jp/minokyu309/