無印良品を展開する株式会社良品計画は12月15日(水)より、コオロギを食材に使った昆虫食の第2弾として、プロテインバー「コオロギチョコ」(価格:190円(税込))を全国の「無印良品」限定221店舗、および公式ネットストアで発売しました。

 

無印良品から昆虫食の第2弾「コオロギチョコ」が発売、手軽にたんぱく質摂取、食べごたえのあるプロテインバー

2020年5月に話題を呼んだ「コオロギせんべい」に続く第2弾。今回の「コオロギチョコ」は、ミルクチョコのほどよい甘味とザクザクした食感が楽しめるプロテインバーです。コオロギパウダーのほか、甘さ控えめのミルクチョコレートとオレンジ果汁パウダーを使用しており、オレンジのさわやかな風味もアクセントに。たっぷり入った大豆パフで食べごたえのあるボリュームもバッチリです。

 

無印良品から昆虫食の第2弾「コオロギチョコ」が発売、手軽にたんぱく質摂取、食べごたえのあるプロテインバー

味や風味だけでなく、手軽にたんぱく質が摂れることもポイント。大豆パフのほか、きなこなど大豆由来成分を配合し、1本に約15gのたんぱく質を含んでいるため、朝の忙しい時や小腹が空いた時などにも良さそう。

 

世界の急激な人口増による将来の食糧不足に備えて「昆虫食」が注目されている近年。とくにコオロギは飼育が容易で効率生産も可能なことから、国連食糧農業機関(FAO)も家畜の代替として昆虫食を推奨しており、国内外で食用研究が進められています。

 

良品計画では「今後の食糧確保と環境問題などの課題を考えるきっかけになれば」という思いから昆虫食の商品化をスタート。“昆虫食の先進国”といわれるフィンランドで情報収集を行い、コオロギに関する知見が豊富な徳島大学発ベンチャーの株式会社グリラスと協力するなど、コオロギを食材とする取り組みを進めてきたそう。

 

2020年5月には無印良品で初の昆虫食「コオロギせんべい」をネットストアで発売。その後200店舗へ順次販売対象店舗を拡大すると、幅広い世代に好評を受けました。同時に、消費者が環境問題へと目を向けるきっかけにもなっています。

 

近い将来、昆虫食が身近な存在になり、たんぱく質を豊富に摂取できる食の一つとして当たり前となる時代も近いのかもしれません。まずは第一歩として、手軽な「コオロギチョコ」から試してみてはいかがでしょうか。

 

 

■商品概要■

商品名:コオロギチョコ

価格(消費税込):190円

発売日:12/15(水)

規格:1本

販売場所:全国「無印良品」限定221店舗、公式ネットストア

 

※取扱い店舗一覧

https://prtimes.jp