ライフスタイルストア「PLAZA」では、新たにオランダの人気チョコレートブランド「Tony’s Chocolonely(トニーズ チョコロンリー)」の取り扱いを開始しました。

 

Tony’s Chocolonelyは「スレイブフリー(強制労働の無いカカオ生産)」を目指す、オランダで人気のチョコレートブランド。2005年にオランダ人ジャーナリストのトニー氏が設立した企業で、カカオ業界での不法労働を終わらせるために掲げた「5つの調達原則」のもと、強制労働に頼らないチョコレート産業を作るべく戦っています。

 

強制労働のないカカオ生産を目指す、オランダのチョコレートブランド「Tony's Chocolonely(トニーズ チョコロンリー)」、PLAZAで購入可能に
強制労働のないカカオ生産を目指す、オランダのチョコレートブランド「Tony's Chocolonely(トニーズ チョコロンリー)」、PLAZAで購入可能に

ポップでキャッチーな見た目ですが、随所に工夫が散りばめられたメッセージ性の強いチョコレート。

 

パッケージの内側には、チョコレート業界の現状や企業理念などが記載されています。さらに包み紙を開けると、中には不揃いなデザインのチョコレートバーが。この不揃いな形は、「チョコレート業界の不平等」を表しています。

 

強制労働のないカカオ生産を目指す、オランダのチョコレートブランド「Tony's Chocolonely(トニーズ チョコロンリー)」、PLAZAで購入可能に

世界中の人々が奴隷制に関わらないチョコレートを選び、ブランドの理念を共有する事により「強制労働ゼロのチョコレートが世界のカカオ業界の標準となる事」を目的に事業を行っています。

 

強制労働のないカカオ生産を目指す、オランダのチョコレートブランド「Tony's Chocolonely(トニーズ チョコロンリー)」、PLAZAで購入可能に

左からTony‘s Chocolonely 47g・50g 各345円、Tony‘s Chocolonely 180g 各810円(すべて税込み)

商品ラインアップ:https://www.plazastyle.com/pr/tonys2021

 

PLAZAで展開するフレーバーは全部で7種類。定番の「ミルクチョコレート」「ダークチョコレート」をはじめ、オランダで人気No.1の「ミルクチョコレート キャラメルシーソルト」や、「ミルクチョコレート アーモンドハニーヌガー」など海外ならではの珍しいフレーバーも。中でもおすすめは、パチパチはじけるキャンディの入った「ホワイトチョコレート ラズベリーポッピングキャンディ」。甘さとラズベリーの酸味がマッチしていて、手が止まらなくなるおいしさなのだとか。豊富なラインアップから選べます。

 

自分用にもギフトにもおすすめの「Tony’s Chocolonely」。全国のPLAZA・MINiPLA、PLAZA オンラインストアにて購入可能です。カラフルなパッケージやチョコレートバーのデザインに込められた、社会性のあるメッセージにもぜひ注目してみてください。

 

 

Tony’s Chocolonleyがチョコレート業界を変えるために設けた「5つの調達原則」

 

①PAY A HIGHER PRICE (より高い賃金を支払う)

カカオ農家が一般的な生活を送り農園を経営することができるように公正な賃金の支払いを行う。

 

②TRACE THOSE BEANS (カカオ豆の正当な取引を行う)

大企業から大量購入をしない。カカオ農家と農協と対等な立場で直接取引を行う。

 

③SUPPORT STRONG FARMERS (農家への積極的なサポートを行う)

農家と農協が不平等を改善できるような仕組みをつくり、お互いが協働する。

 

④GO FOR THE LONG TERM (長期的な取引)

農家と農協が最低でも5年間は標準より高い取引値でやりとりができるようにする。

 

⑤FOCUS ON A QUALITY AND DIVERSIFICATION (品質と多様化に焦点を当てる)

カカオとその他農作物の栽培に関しての農業知識や技能に投資を行う。