お菓子の力で酪農を支援。洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」が売上金額から北海道の新規就農者に酪農用品を贈呈

洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」を展開する株式会社シュゼット・ホールディングスは、同ブランドの主力商品である「焼きティラミス」の売上金額の中から北海道の酪農家をサポートする取り組みを2016年より行っています。

 

新型コロナ感染拡大防止のため、昨年度に引き続き贈呈式は行わず、浜中町農業協同組合を通じて北海道厚岸郡浜中町の新規就農者2組に酪農用品を贈呈しました。

 

お菓子の力で酪農を支援。洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」が売上金額から北海道の新規就農者に酪農用品を贈呈
お菓子の力で酪農を支援。洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」が売上金額から北海道の新規就農者に酪農用品を贈呈
お菓子の力で酪農を支援。洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」が売上金額から北海道の新規就農者に酪農用品を贈呈
お菓子の力で酪農を支援。洋菓子ブランド「C3(シーキューブ)」が売上金額から北海道の新規就農者に酪農用品を贈呈

「シーキューブ」のブランド名は、ティラミスを創る3 つの「C」=コーヒー・チーズ・カカオに由来しています。材料にもこだわりをもっており、中でも乳製品は北海道根室・釧路地区の発酵バターやマスカルポーネなどの良質な素材を使用していますが、毎年減少を続ける酪農家の現状に危機感を持っていたそう。

 

そこで同ブランドでは、これから酪農を始める方の初期投資や、酪農を維持していくために、売上の一部を支援する取り組みを継続的に行っています。

 

今年度は就農者研修を経て今年3月から生乳生産開始した新規就農者に、カーフハッチの上に吊るして仔牛を温める器具や、子牛用フリース、子牛運搬車、哺乳瓶などを贈呈。

ホルスタインは寒さに強い品種であるものの、子牛は親牛に比べ皮下脂肪が少なく、寒冷ストレスを受けやすいため、この時期から畜産用ヒーターが必需品になるそう。

 

お菓子づくりに不可欠なミルクやバターは、上質な生乳があってこそ。“お菓子で幸せなつながりを”を理念とする「シーキューブ」は、日本の酪農を守るために環境へのサスティナブルな取り組みも行っていたのですね。

 

 

 

株式会社シュゼット・ホールディングスについて

1969年、兵庫県芦屋市で創業。百貨店をはじめ幅広い販売チャネルを持つ「アンリ・シャルパンティエ」(国内92店舗、海外5店舗)と、カジュアルなラインナップ で駅ナカ・駅チカをリードする「シーキューブ」(44店舗)、ミルクレープ生みの親が創る重ね菓子の「カサネオ」(3店舗)の洋菓子ブランドを展開。製造販売のほか、カフェ事業 など、さまざまな事業を推進中。世界菓子大会準優勝を果たしたパティシエを有し、創業より生ケーキはすべて手作りにこだわるなど、“世界最高峰の技術でお菓子文化を生み出す会社”として、100年先を見据えたお菓子作りを通じ、さまざまなシーンに忘れられない感動をお届けしています。(店舗数:2021年10月1日現在)