ミネアポリス & 米ニュージャージー州ニューアーク発–(ビジネスワイヤ) 穀物商社のカーギルは、より強靭で持続可能なカカオ・セクターを構築するための継続的な取り組みの一環として、垂直農法(高層建築物の階層、及び高層の傾斜面を使用して垂直的に農作業、動物の育成を行う方法)の先駆者でリーダーであるエアロファームズ社と、カカオ豆の収率を高め、気候変動に対する強靭性の高い農業慣行を開発することを目的とした複数年の研究契約を締結した。

 

【海外ニュース】世界的穀物商社のカーギル、垂直農法のリーダー企業・米エアロファームズと提携。カカオ生産の研究に取り組む

カーギル・ココア・ヨーロッパのマネジングディレクターNiels Boetjeは、次のように述べています。「環境の課題と、カカオ製品の需要の高まりにより、世界的なカカオのサプライチェーンにますます圧力がかかっています。私たちは、研究機関、大学、エアロファームズのような革新的企業とのパートナーシップを通じて、従来のカカオ栽培事業の生産性と回復力を向上させるべく、大胆な実験においてセクターを横断した協働を進めています。未来の世代に向けてカカオ・セクターの繁栄を保証するために、私たちの研究結果をカカオ・サプライチェーンの農業協同組合と共有することを楽しみにしています」。

 

この最新の研究協力は、エアロファームズの制御環境農業に関する専門知識と、カーギルのカカオ栽培学および生産慣行に関する幅広い知識を結び付けるもの。両社の協力のもと、エアロポニックスとハイドロポニックス、光、二酸化炭素、灌漑、栄養、植物の間隔と剪定などのさまざまな屋内栽培技術を実験し、カカオの木の生長に最適な条件を特定していく。

 

研究の知見は、木の生長の加速や収率の増加、害虫・病気への耐性を高めた品種の開発の加速、カカオ豆の風味と色の可能性を最大限引き出すことといったことを元に新たな発見を生む。これらの成果は、気候変動を前に、将来のカカオ豆の供給を確保する助けとなるだろう。

 

エアロファームズの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のデビッド・ローゼンバーグは、次のように述べている。「エアロファームズは、安全で責任ある持続可能な方法で世界に食料を供給するというカーギルと同様のビジョンを共有しています。私たちは550種類以上の作物を栽培してきました。カーギルと共に今回はカカオに焦点を当てた新たなプロジェクトに取り組むことに大きな期待を抱いています。エアロファームズでは、その独自のテクノロジーを、植物の生物学、遺伝学、機械システム、運用システム、環境システム、デジタル制御、データ収集、分析を最適化するためのプラットフォームであると考えています。遺伝学とスピードブリーディングは、私たちが重点を置く分野の1つです。当社のプラットフォームを適用してカカオの成長を最適化することは、エアロファームズが世界により広いプラスの影響をもたらすための1つの方法です」。

 

最初の試験的作業はすでに、ニュージャージー州ニューアークにあるエアロファームズのグローバル本社で開始されており、2022年初頭にアラブ首長国連邦アブダビにオープンする予定の最新式のエアロファームズAgXリサーチ&ディベロップメントの屋内垂直農場に間もなく拡大されることが予定されている。

 

カーギルの世界的なカカオおよびチョコレート事業について

カーギル・ココア&チョコレートは、質の高いカカオとチョコレートをより持続可能な方法で世界中に提供していく。供給の安全性、持続可能性プロジェクト、感覚に関する専門知識についてのバランスのとれた取組みによって、幅広い優れた標準化されたカスタムメイドの製品とサービスを創り出している。豆からバーまで、堅固で公正かつ透明なサプライチェーンを実現し、継続的に業界の標準を形作ろうとしている。質の高いカカオ豆のこれまで以上に持続可能な供給を確実にするために、カーギルはブラジル、カメルーン、コートジボワール、ガーナ、インドネシアの原産地において独自の調達および取引事業を確立。カーギル・ココア・プロミスは、農業従事者やそのコミュニティーが収入と生活水準の向上を達成できるようにすることへの当社の取組みを明確に示しています。当社の4100人の熱心なカカオとチョコレートの専門家から成るチームは57カ所の拠点で仕事をし、世界中のカーギルの15万5000人の従業員の一部を成しています。

 

詳細情報:cargillcocoachocolate.com

 

エアロファームズについて

2004年より、エアロファームズは屋内垂直農法を先導し、農業のための変革的革新を推進してきた。人類の向上のために可能な限り良い植物を栽培するという使命を負い、ニュージャージー州ニューアークにグローバル本社を構える認定Bコーポレーション。2年連続で「世界で最も革新的な企業」の1つに選ばれ、TIMEの食品における最も優れた発明品の1つに選ばれたエアロファームズの受賞歴のある屋内垂直農業特許技術は、健康な植物が育つための完全な条件を提供し、従来の圃場での農業と比べて使用する水の量を最大95%削減し農薬を一切使用せずに、農業を新しいレベルの精度、食品安全性、生産性へと導いている。垂直農法を利用して風味を高めながら、地域の作物が一年中安全に生長できる技術を保有している。さらに、その独自の栽培テクノロジー・プラットフォームを通じて、エアロファームズは550種類以上の品種を栽培し、政府から主要なフォーチュン500企業まで、農業サプライチェーンのニーズを独自の方法で解決するための複数年の戦略的パートナーシップを構築している。

 

詳細情報:https://aerofarms.com/

【海外ニュース】世界的穀物商社のカーギル、垂直農法のリーダー企業・米エアロファームズと提携。カカオ生産の研究に取り組む
垂直農法に取り組む「エアロファームズ」の栽培施設(PRWIRE)

 

 

 

Cargill Partners with Vertical Farming Leader AeroFarms in First-of-Its-Kind Research Focused on Cocoa Production

 

Multi-year collaboration to use fully controlled environments to unlock plant biology, understand climate impacts and explore novel production practices

MINNEAPOLIS & NEWARK, N.J.–(BUSINESS WIRE)–As part of ongoing efforts to build a more resilient and sustainable cocoa sector, Cargill has entered a multi-year research agreement with vertical farming pioneer and leader AeroFarms aimed at improving cocoa bean yields and developing more climate-resilient farming practices.

“Environmental challenges and growing demand for cocoa products are placing increased pressure on the global cocoa supply chain,” said Niels Boetje, managing director Cargill Cocoa Europe. “Through partnerships with research institutes, universities and innovative companies like AeroFarms, we are collaborating across sectors in bold experiments to bring greater productivity and resiliency to traditional cocoa farming operations. We look forward to sharing our findings with the farmer cooperatives in our cocoa supply chain to help ensure a thriving cocoa sector for generations to come.”

This latest research collaboration brings together AeroFarms’ expertise in controlled environment agriculture, with Cargill’s extensive knowledge of cocoa agronomy and production practices. Together, the two organizations will experiment with different indoor growing technologies including aeroponics and hydroponics, light, carbon dioxide, irrigation, nutrition, plant space and pruning to identify the optimal conditions for cocoa tree growth.

These findings will yield new insights, targeting factors such as faster tree growth and greater yields, accelerated development of varieties with enhanced pest and disease resistance, and unlocking the cocoa bean’s full flavor and color potential. These outcomes will help secure the future supply of cocoa beans in the face of climate change.

“AeroFarms shares a similar vision as Cargill to nourish the world in a safe, responsible and sustainable way,” said David Rosenberg, Co-Founder & CEO of AeroFarms. “We have grown over 550 different crops, and we are excited to be working on another project with them, this time focused on cocoa. At AeroFarms we think of our proprietary technology as a platform to optimize plant biology, genetics, mechanical systems, operational systems, environmental systems and digital controls, data capture and analytics. Genetics and speed breeding is one of the verticals where we focus. Applying our platform to optimize cocoa growing is one way that AeroFarms can have a broader positive impact on the world.”

Initial exploratory work has already begun at AeroFarms global headquarters in Newark, New Jersey, and will soon expand to the company’s state-of-the-art AeroFarms AgX Research & Development indoor vertical farm in Abu Dhabi, UAE, which is slated to open in early 2022.

 

About Cargill’s global cocoa and chocolate business

Cargill Cocoa & Chocolate provides high quality cocoa and chocolate more sustainably throughout the world and brings our customers peace of mind, integrity and excitement. With balanced efforts on security of supply, sustainability projects and sensory expertise, we create a wide range of outstanding standardized and custom-made products and services. In addition, we provide our customers with extensive market knowledge. We grow a robust, fair and transparent supply chain, from bean to bar, eager to continuously shape industry standards. To ensure a more sustainable supply of quality cocoa beans, Cargill established our own sourcing and trading operations at origin in Brazil, Cameroon, Côte d’Ivoire, Ghana and Indonesia. Our Cargill Cocoa Promise underlines our commitment to enable farmers and their communities achieve better incomes and living standards. Our team of 4,100 passionate cocoa and chocolate experts work across 57 locations and are part of Cargill’s 155,000 colleagues around the world.

 

For more information, visit cargillcocoachocolate.com.

 

About AeroFarms

Since 2004, AeroFarms has been leading the way for indoor vertical farming and championing transformational innovation for agriculture. On a mission to grow the best plants possible for the betterment of humanity, AeroFarms is a Certified B Corporation with global headquarters in Newark, New Jersey. Named one of the World’s Most Innovative Companies by Fast Company two years in a row and one of TIME’s Best Inventions in Food, AeroFarms patented, award-winning indoor vertical farming technology provides the perfect conditions for healthy plants to thrive, taking agriculture to a new level of precision, food safety, and productivity while using up to 95% less water and no pesticides ever versus traditional field farming. AeroFarms enables local production to safely grow all year round, using vertical farming for elevated flavor. In addition, through its proprietary growing technology platform, AeroFarms has grown over 550 varieties and has developed multi-year strategic partnerships ranging from government to major Fortune 500 companies to help uniquely solve agriculture supply chain needs.

 

For additional information, visit: https://aerofarms.com/.