WEBマガジンAPeCAにおいて、新コーナー「おもたせ図鑑」がスタートします。今回の「おもたせ図鑑」企画始動に際し、ファッション、カルチャー、ビューティーなどの分野で活躍中の食通ライター陣を集め「おもたせ部」を結成。毎月定期的にチョコレート系の厳選おもたせをピックアップし、撮影・実食・レポートします。

また、おもたせ図鑑特別編として、著名人によるおもたせ、クリエイターたちによるインテリアとチョコレート菓子の風景など、多角的にチョコ系おもたせの世界観を見せていきます。

 

本来“おもたせ”とは、もてなす側が来客を敬って使う言葉。お客が持ってきた手土産を一緒に食べるときに「おもたせですが」と言いながらお茶とともにお菓子を出すときに使います。APeCAでは手土産を“おもたせ”と表現し、「あの人と一緒に食べたい」という気持ちを込めました。大切な人とともにチョコレート菓子を味わいながら幸せな時間を過ごす。贈る相手を想像しながら、一緒に食べておしゃべりするシーンを思い浮かべながら選ぶのが、“おもたせ”なのです。

 

おもたせ図鑑

https://www.apeca.co.jp/omotase/

 

レギュラー陣による「おもたせ図鑑」

チョレート系おもたせのセレクションは編集部の独断とし、「おもたせ部」所属の各ライターがそれぞれ店舗やオンラインで商品を実食、または購入。紙袋、包装紙や箱のデザイン、味などはもちろん、どのようなシーンで、贈る相手はどのような人向きなのかといったアドバイスも。お菓子のブランド背景、購入場所やオンライン購入やお取り寄せの可否、商品の賞味期限に至るまで使えるデータを記載。約週1回選りすぐりのおもたせを紹介して行きます。

 

世界の有名ショコラティエ、日本国内の丁寧なモノづくりで知られるビーントゥーバー、街の小さな洋菓子店、老舗、田舎の和菓子屋さん。カカオを使ったチョコレート、クッキー、アイス、ケーキ、和菓子まで。デザイン的にも優れたおもたせをすることができるコンテンツです。

 

マガジン、公式インスタグラムの連動企画。おもたせ部による買い物レポート、実食ムービーなどのメイキング風景もインスタストーリーなどで随時投稿していく。

 

今までにないおもたせの切り口。チョコ系の贈り物を「ブランドの世界感」「デザイン」「ストーリー性」「シーン別」「相手別」に徹底解剖した永久保存版のおもたせ図鑑。一年を通して訪れる贈り物選びで迷った時にはAPeCA「おもたせ図鑑」を検索すれば、その場にぴったりのおもたせが見つかるはずです。

 

特別編には著名人たちもズラリ
初回の出演はミュージシャン・文筆家のカヒミ カリィさん、女優の中嶋朋子さん

おもたせの機会が多い著名人の方々は、一体どんなおもたせを贈っているのだろう。贈り物上手な方の、おもたせを実際に見せてもらう企画、著名人がつなぐ気持ちのバトンリレー「あの人に届けたい、とっておきのおもたせ(仮)」もスタートします。直接会うのがなかなか難しい時世柄、おもたせをあげたいお相手に、編集部が代わってお届けします。そして、お相手の感想も掲載。贈られた方は、次のお友達におもたせを贈る。「おもたせ」に心を込める、温かい気持ちのバトンリレー連載、月1回の更新予定です。

 

第一回目の出演者は、NY在住のミュージシャン、文筆家のカヒミ カリィさん。贈るお相手はお友達として交流のある女優・中嶋朋子さんです。今後、俳優、ミュージシャン、作家など様々なジャンルの方々が登場し、ご自身が撮影するおもたせ&メッセージカードを紹介してくれます。

 

さらに、クリエイターたちの素敵な自宅インテリアや器とともに、「おもたせ」をご自身で撮影してもらうリレー連載「カカオのある風景(仮)」も8月より公開予定です。

 

 

おもたせ図鑑

https://www.apeca.co.jp/omotase/