70年以上の歴史を持つ業務用製菓材料メーカー日新化工が、消費者向けに初めてオープンしたオンラインショップ限定でワンランク上のチョコレート「nk premium series 01 fruit /02 red」を発売しました。カカオの新しい可能性を探求するという同シリーズ。業務用メーカーだからこそ原料調達から製造までこだわったという”本気”が気になります。

 

老舗業務用製菓材料メーカーならではのチョコレート「nk premium series 01 fruit / 02 red」が気になる。カカオの新たな味わいを発見しよう
01 fruit 120g(15g×8)/箱 2,268円(税込)

「01 fruit」はカカオパルプを使用したチョコレートです。カカオパルプはライチやバナナなどトロピカル系のフルーツのような風味が特徴で、カカオポッド(カカオの実)から約7%程度しかとれない貴重な素材。通常はカカオ豆の発酵工程で分解されてしまいますが、そのパルプをピューレにし、さらに粉末にしてチョコレートに加えた。砂糖の代わりにパルプパウダーを使用することで、カカオの味わいを存分に楽しめるチョコレートになっています。

 

老舗業務用製菓材料メーカーならではのチョコレート「nk premium series 01 fruit / 02 red」が気になる。カカオの新たな味わいを発見しよう
02 red 120g(15g×8)/箱 2,268円(税込)

「02 red」は赤い色が特徴のレッドカカオマスを使用したチョコレートです。カカオマスとは、カカオの豆の胚乳を発酵・乾燥・焙煎・摩砕してできたチョコレートの原料。通常は茶色をしているのですが、レッドカカオマスは着色をしなくても鮮やかな赤色で、この鮮やかなピンクは、レッドカカオマス由来の自然な色。酸味の強いレッドカカオマスの特徴を美味しく味えるよう、試作を繰り返しこの味にたどり着いたのだそう。

 

業務用を手掛けるプロフェッショナルだからこそのチョコレートはひと味違いそう。オンラインショップ nk chocolaterie “make” 限定で販売しています。気になる読者ぜひチェックしてみて。

 

 

 

日新化工

マーガリンの製造会社として1948年に設立された日新化工は、1956年に洋菓子やパンのコーティングなどに使われる「洋生用チョコレート」を日本で初めて開発し、以来製菓のプロフェッショナルに愛される各種食品原料を作り続けてきました。現在では主要製品のチョコレートをはじめ、フィリング、マーガリンの製造を行っています。

 

nk chocolaterie “make”(オンラインインショップ)

外出自粛やテレワークの普及などでおうち時間を楽しむことが定着した、2021年1月、日新化工設立以来初めての試みとしてコンシューマー向けに商品を販売するオンラインショップ nk chocolaterie “make” をオープンしました。“make”には、「チョコレートを造る。笑顔を作る。新たな価値を創る。」という想いを込めました。自分へのご褒美に、いつものおやつを少し贅沢に、大切な人への贈り物に、日常の中の様々シーンに寄り添ったプロフェッショナルに愛されるチョコレートを皆様のもとへお届けし続けます。

https://nisshinkako.com