NEWS
途上国から“食”の可能性を世界に。Little MOTHERHOUSE×Dari Kによる、インドネシア産カカオを使った目にも鮮やかなチョコレート

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念のもと、バッグ・ジュエリー・アパレルなどを手掛ける「MOTHERHOUSE(マザーハウス)」は次なる挑戦として、食のブランド「Little MOTHERHOUSE(リトルマザーハウス)」を始動した。豊かな食素材や農家さんなど、その土地ならではの食文化に光を当てていく。第一弾は、クラフトチョコレートメーカーの「Dari K(ダリケー)」とコラボレーションした2種。高品質なインドネシア・スラウェシ島のカカオを使ったチョコレートを「MOTHERHOUSE」の店舗やオンラインストアにて発売する。

 

途上国から“食”の可能性を世界に。Little MOTHERHOUSE×Dari Kによる、インドネシア産カカオを使った目にも鮮やかなチョコレート
インドネシアオリジンズ 2,484円(税込)

インドネシアの生カカオと世界最大級のサイズを誇るカシューナッツを丸ごと使った「インドネシアオリジンズ」。香りや食感を存分に楽しみたいところだが、コロンと並んだ姿もかわいらしく、食べるのがもったいなくなりそう。パッケージにもこだわるのが、マザーハウスらしく、手に取るひとを喜ばせてくれる。

 

途上国から“食”の可能性を世界に。Little MOTHERHOUSE×Dari Kによる、インドネシア産カカオを使った目にも鮮やかなチョコレート
イロドリチョコレート(全12種) 各1,296円(税込)

こちらはインドネシアのカカオから独自の配合でホワイトチョコレートを作り、自然由来の色や味で表現した「イロドリチョコレート」。柚子×黒胡椒や、抹茶×ラズベリーなど、日本ならではのフレーバーも含まれる。パッケージだけでなく、チョコレートそのものまで鮮やかなグラデーションが美しい。

 

途上国から“食”の可能性を世界に。Little MOTHERHOUSE×Dari Kによる、インドネシア産カカオを使った目にも鮮やかなチョコレート
インドネシア・スラウェシ島の農園でカカオを育てる農家の方々

今回のチョコレートは、マザーハウスとクラフトチョコレートメーカー「Dari K」とのコラボレーションで実現した。「Dari K」は、インドネシアの生産者と共にカカオの栽培・収穫から発酵・乾燥まで一貫して管理し、良質なカカオ豆から厳選してチョコレート作りをおこなっている。カカオだけでなく、様々な果物の木を植え、多様な生態系を守り、気候変動に対するリスクヘッジをおこないながら現地の人々の生活向上や環境保全に繋がる活動をしている。

 

Little MOTHERHOUSE(リトルマザーハウス)

https://www.mother-house.jp/little/

 

MOTHERHOUSE(マザーハウス)

『途上国から世界に通用するブランドをつくる』という理念のもと、「途上国」の可能性を「モノづくり」を通じて世界中のお客様にお届けするブランド。2006年の設立以来、バングラデシュをはじめ、ネパール、インドネシア、スリランカ、インド、ミャンマーの計6か国で、それぞれの素材や文化を活かしたモノづくりを続ける。2021年2月現在、国内33店舗、台湾4店舗、香港1舗、シンガポール1店舗、フランス1店舗を展開。

https://www.mother-house.jp/

 

Dari K(ダリケー)

2011年に京都で創業。カカオ豆からチョコレートを手作りする、クラフトチョコレートメーカー。「カカオを通して世界を変える」を理念に掲げる。インドネシア・スラウェシ島最高品質のカカオ豆を自社で調達するだけでなく、農園に発酵技術の提供もおこなう。良質なカカオ豆から厳選して作られるチョコレートは、豊かなアロマとフルーティーな酸味が特徴。パリのサロン・デュ・ショコラには2015年から毎年出展し、国際的なチョコレートの品評会 C.C.C.では2015年から4年連続受賞。カカオの生産地での取り組みも国際的に高く評価され、SDGs(持続可能な開発目標)の先進企業としても国内外から注目を集めている。

https://www.dari-k.com