イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

APeCA初のセレクションBOXが誕生した。12粒から成る個性的なアソートは、フランスから「エルベ」「ランスタンカカオ」、ベルギーから「レガスト」の3人の気鋭ショコラティエによるもの。カカオの個性を最大限に引き出した確かな美味しさ、内2人は日本初登場という話題性もさることながら、APeCAがこだわったのはモノづくりの姿勢だという。APeCA代表のチダコウイチ氏(以下、チダ)とパッケージデザインを手がけたイラストレーターのSHOGO SEKINE氏(以下、SEKINE)に誕生秘話、そしてセレクションBOXに込めた想いを尋ねた。

 

文・本間裕子

写真・SHOGO SEKINE & チダコウイチ(each other)

 

 

―― APeCA初となるセレクションBOX、そのこだわりを教えてください。

 

チダ:カカオの個性を最大限に引き出した確かな美味しさ、内2人のショコラティエは日本初登場という話題性もさることながら、APeCAがこだわったのはモノづくりの姿勢です。3人に共通しているのは、良い素材に向き合い、丁寧にプライドを持って仕事をしているということ。自らカカオ豆の選定に現地に赴き、フェアトレードで仕入れたカカオ豆からチョコレートを作るなど、もともとサステナブルな活動をしていたショコラティエにコラボレーションをお願いしました。

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

SEKINE:プロフィールを拝見したら、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の創立者の下で長年キャリアを積んだ方がいたり、錚々たるメンツ。12粒のそれぞれが、異なるアプローチでカカオのポテンシャルを引き出していることに感動しました。職人技であり、芸術的。

 

チダ:「HOPE」をテーマにしたのですが、世界平和とか大袈裟なものではなく、“美味しいチョコレートを食べてハッピーな気持ちになってほしい”、“このセレクションBOXが部屋に置かれた時に少しでも空間が華やいでほしい”という想いから。SEKINEくんだったらきっと心地よいインパクトを与えてくれるだろうと思い、デザインをオファーしました。

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

―― お二人の出会いはいつ頃になるのですか?

 

チダ:SEKINEくんとの付き合いは長くて、出会ったのはかれこれ8年前。僕が空間デザインを手伝ったプロジェクトに、SEKINEくんはイラストレーターとして参加していたのがきっかけでした。作品の素晴らしさはもちろん、彼の人間力に惹かれて、それ以降節目節目でお仕事をお願いしているのだけれど、フレッシュに考えられる力が本当ズバ抜けているんです。

 

SEKINE:それは嬉しい限りですね。チダさんとは共通の友人が多かったり、写真部の先輩後輩的なノリでカメラやレンズの情報交換したり、年齢を超えて仲良くさせていただいていますが、その分仕事となるとプレッシャーも大きいんですよ(笑)。ショコラティエってこだわりを持ったセンスの良い方が多くて、パッケージも素敵なものばかり。どういう方向性でいけばいいのか、今回はかなり煮詰まりましたね。8月だったかなあ…代官山蔦屋のカフェにチダさんを呼び出して10案ほど見せたんです。それが全部「ちょっと違うかなあ」って(笑)。その際に「こんな感じがいいんだよね」と見せてくれたのが、僕が過去にinstaに投稿していた実験的作品だったんです。決して“いいね数”が多いものではなかったのに、フラットな目で見てくれていることが嬉しかったし、そこからは方向性が見えて一気に進みましたね。

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

チダ:もちろん、いずれもチョコレートのパッケージデザインとして素晴らしいんですよ!ただ、既にあるショコラティエに足並み揃えないものが作りたかったんですよね。

 

―― 確かに、鳩のカモフラージュ柄は、「中身も一筋縄ではいかないのだろう」という期待感が高まります。これはどのようなアイデアから生まれたのですか?

 

SEKINE:ある図形を使って隙間も重なりもなく平面を敷きつめる、“テセレーション”という手法を用いています。個人的に総柄の作り方について勉強していた時に知った手法なのですが、だまし絵で知られるエッシャーの作品などでも見られるもので、視覚的に数学的な好奇心を刺激しますよね。この手法で組み上げた画は、そのぱっと見のビジュアルの楽しさ、ワクワク感、POP感が一気に味わえる魅力があります。ハサミで切り貼りして製作するのですが、自分が思ってもいなかった図形が最終的に生まれるサプライズ要素があるのも魅力ですね。

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

チダ:鳩にも手裏剣にも見える自由さが面白いし、歴史ある手法はさすがに完成度が高く一つのアートピースとしての存在感があるんですよね。ショコラティエは職人でありアーティスト的な側面もあるから、中身とのバランスもいいんですよね。手前味噌ですが、贈り物にもらったら嬉しいです。

 

SEKINE:グラフィックデザイナーからイラストレーターに転職したのは、もっと作り手の温度が伝わるようなものを生み出したいと思ったから。すぐ捨てられるようなもの作りではなく、きちんと愛着を持ってもらえるようなモノづくりができるクリエイターになりたいという思いがベースにあります。まだ発売前ですが、APeCAのセレクションBOXでは、結果的にそれが叶ったという手応えを感じています。

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

―― SEKINEさんが手がけたイラスト以外にも、BOXにはこだわりが詰まっていると伺っています。

 

チダ:ショコラティエ達のモノづくりの姿勢がさりげなく伝えられるよう、パッケージもサステナブルな素材にこだわりました。紙は年間634万トンにも及ぶフードロスの中でも特に多い、お米を集めて紙素材に変換したkomekamiという素材を採用しています。komekamiの売り上げの一部はフードロスを有効活用できるようフードバンクに寄付され、生活困窮者や福祉施設に配布することで貧困支援に取り組んでいます。またインクは、ベイジタブルインキを採用。廃棄した際にも土中や水中の微生物によって分解されるため、環境に負荷をかけないんです。

 

SEKINE:ちょっとアナログな質感があるのがいいですよね。忙しない日常の中でふと目に入ったら気持ちを落ち着かせてくれそうな感もある。美味しいチョコレートを食べてハッピーな気持ちになり、自然と社会貢献に参加できたら嬉しいですよね。

【セレクションBOXを手がけたショコラティエ】
イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

エルベロビン/エルベ・ロビン

錚々たるメゾンでショコラティエとして経験を積んだ後、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の創立者であり、“ガナッシュの魔術師”と呼ばれたロベール・ランクスの下で、製造責任者として17年間を過ごす。コンサルタントとして活動した後、2015年に満を持して自身の名を冠したショコラティエ、「エルベロビン」を立ち上げをパリに第一号店をオープン。2019年にはペリグー市に2号店をオープンさせている。

 

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

ランタンスカカオ/マーク・シャンショール

「ここでしか食べられないオリジナルなチョコレート」をコンセプトに、マーク・シャンショールが26歳の時にパリに「ランタンスカカオ」をオープン。カカオの生産国を訪れ、オーガニックかつ高品質のカカオ豆を適正価格で仕入れ、選定や焙煎、成形に至るまで自ら手作業で行なうbean to barの製法にこだわっている。2019年度パリ市が選ぶクリエイティブな職人にも選ばれている。

 

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

レガスト/シバウ・レガスト

カカオ生産地の農家と共同でBIOでサステナブルなカカオ豆を開発するベルギー郊外のショコラティエ。フェアトレードはもちろんのこと、生産者の生活が豊かになるように一年の半分は現地で指導にあたっている。カカオの素材の味を活かした本格的なbean to barで極上のチョコレートを提供することに定評があり、2020年にはAOC金賞、ICA銀賞を受賞している。

 

 

 

■商品概要■

商品名:APeCAセレクションBOX

価格:5,940円(税込価格、12粒入り)

 

 

【購入は下記オンラインから】

 

■小田急百貨店オンラインショッピング 12月25日~

https://shop.odakyu-dept.co.jp/ec/top

 

■松屋オンラインストア 1月3日~

https://www.matsuya.com/ginza/

 

■Cc:store 1月5日~

https://ccstore.official.ec/

 

■西武・そごうeデパート 1月7日~

https://edepart.omni7.jp/top

 

■オンワード マルシェ 1月12日~

https://marche.onward.co.jp/shop/default.aspx

※商品の発送は2月以降になります。

 

 

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

SHOGO SEKINE

東京都生まれ、幼少期をNYで過ごす。2013年よりイラストレーターとして活動開始。ファッションイメージをベースに、タイポグラフィーや自然モチーフをミックスにしたイラストを描き、雑誌・広告・アパレル・プロダクト・テキスタイル・空間など、様々な分野でアートワークを提供中。

@shogosekine0319

 

イラストレーターSHOGO SEKINEとコラボレーションしたAPeCA初のセレクションBOXが限定発売

チダコウイチ

APeCA代表。1999年に株式会社FLAVORとブランド furfur、Balcony を設立し、30を超えるブランドのディレクションや立ち上げに携わる。その後、マッシュグループ取締役を経て、2017年7月に株式会社シソンを設立すると同時に、アイウェアブランド「Zoff(ゾフ)」のゼネラル・クリエイティブ・ディレクターを2年務める。2019年より現職に。

@chida_koichi

 

 

 

〈関連記事〉
▶ アーティスト、桂川桃子さんとAPeCAがタッグを組んだタブレットセレクションBOXが完成!