漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第5回目は「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店」へ。

高橋ヨーコ、大田垣晴子、野口アヤの同い年3人組がおくる、漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」。

 

それぞれ異なるジャンルで一時代を築きながら今も最前線で活躍する3人が、ゆる〜く集合。街の現代文化遺産とも言える喫茶や洋菓子の名店を巡り、大好きなチョコレートケーキを探す旅。

 

第5回目は、都心からほど近い風光明媚なリゾート地、逗子葉山の老舗洋菓子喫茶店「LES PÂTISSERIES LA MARÉE DE CHAYA(パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ)」。渋谷から1時間弱の逗子駅に集合。車を走らせること約10分、目の前が海という絶好のロケーションにあるヨーロピアンな建物に到着。海を尻目にアンティーク調の店内へ。

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第5回目は「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店」へ。 漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第5回目は「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店」へ。
スマートフォンの場合はピンチアウトで表示を拡大してご覧ください
漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第5回目は「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店」へ。 漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第5回目は「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店」へ。

パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店(文:大田垣 晴子)

 

1972年創業。変わらず美味しいフランス菓子、雰囲気あるインテリアに海を目の前にしたロケーション。ちょっと遠いけれど足を運ぶ価値あり。焼き菓子も充実していて、オレンジリキュールの効いたガトーショコラ「葉山のショコラ・カロ」は冷やして食べるのもおすすめです。

帰りに魚屋さんに寄って新鮮な魚介を買うのもわたしの葉山・逗子訪問の楽しみ。

 

店舗情報:

LES PÂTISSERIES LA MARÉE DE CHAYA HAYAMA

 

神奈川県三浦郡葉山町堀内20-1

046-875-5346

定休日・年末年始

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、営業時間などが変更となる可能性があります。詳しくは店舗ホームページでご確認ください。

https://patisseries.chaya.co.jp

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第5回目は「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店」へ。

こちらのかわいいスワンシューといい、店員さんの制服や至る所にヨーロピアンアンティーク調に統一された店内は、海前のロケーションと相まって一瞬ここは南仏?と思うプチトリップでした。

海外旅行に行けない昨今ですが、いつもとちょっと違った「葉山でケーキ」なリゾートもいいかも?

 

 

 

写真:高橋ヨーコ/YOKO TAKAHASHI

1970年生まれ、京都出身。写真家。横浜国立大学卒業。世界の生活文化をフィールドワークするように撮影旅行を続けている。2010年よりCaliforniaベイエリアへベースを移しサンフランシスコを拠点に10年間世界を飛び回る。2020年、米国より帰国、再び日本にベースを移す。ビジュアルジャーナルOntarioを不定期で発行。写真集、個展開催も多数。

 

画文:大田垣晴子/おおたがきせいこ

1969年生まれ、神奈川県横浜市出身。画文家。武蔵野美術大学卒業。同大学ファッションデザイン研究室勤務の後、独立。イラストとエッセイが融合した”画文”というスタイルを確立し、雑誌、新聞、広告などで活躍。著書多数。近著『徒然絵つづり百人一首』(藝術学舎刊)

 

コーディネート:野口アヤ/のぐちあや

1969年生まれ、東京出身。ファッションデザイナー、ディレクター。武蔵野美術大学卒業。大田垣晴子とは同級生。2001年に独立、その後自身のブランドを全国展開、現在はayanoguchiayaにて活動。SISON GALLERy主宰。2011年より東京と三浦半島秋谷の二拠点生活を続け、高橋ヨーコとはご近所付き合いも。

 

 

〈関連記事〉

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第4回目は目黒の住宅街に佇む「アントワーヌ カレーム」へ。

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第3回目は赤坂見附の老舗洋菓子店「しろたえ」へ。

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第2回目はタンゴ流れるミロンガ・ヌオーバへ。

漫画と写真の新連載 高橋ヨーコ、大田垣晴子、野口アヤの「レッツ!喫茶部」