FEATURE
FEATURE

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO

「日本橋浜町」。かつての日本橋区、現在の中央区に位置する街の名前です。実はここ浜町は、日本橋エリア内でもダントツに人口の多い地域。周辺の日本橋や人形町に比べれば街の知名度こそ劣るものの、魅力的なお店が多くあります。

 

そのひとつが、nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO(ネル クラフトチョコレートトーキョー、以下nel)。2019年2月にHAMACHO HOTEL&APARTMENTS(以下、HAMACHO HOTEL)というホテルと住宅の複合施設と同時に、同施設の1階にオープンしました。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
nel ホテル側の入り口。

板チョコレートだけでなく、ボンボンショコラやイートイン限定のスイーツに使用されるチョコレートに至るまで、原材料のカカオ豆を選定、焙煎するところから作られています。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
季節限定のボンボンショコラ「さくら」は、さくらの葉の塩漬けを用いることで桜餅を食べているような和の風味に。

街のチョコレートショップとしてだけではなく「まちづくり」の一環を担う場所として作られたという、こちらのお店。チョコレートと、まちづくり。ふたつのキーワードに興味を持ちHAMACHO HOTELとnelの企画を担当したUDS株式会社(以下、UDS)の菓子さん、ショコラティエの村田さんにお話を伺いました。

浜町という街を盛り上げるために

——さっそくですが、お店が出来た成り立ちを教えてください。

菓子:はい。この場所はもともと安田不動産(以下、安田さん)という大きな不動産会社の所有している土地です。わたしの所属するUDSがホテルの企画、設計から運営までできるということで、HAMACHO HOTELのプロジェクトにお声がけいただきました。

 

浜町にはたくさんの会社があるので、ビジネスマンもいらっしゃれば、昔から住んでる方もいらっしゃいます。下町の風情もある。こうしたポテンシャルがあるのに、知名度がまだ高くない場所です。安田さんはこの土地を、何十年というスパンでまちづくりをしてこられていました。近くの主要な建物は安田さんが建てたものですね。

 

企画の段階で、まちづくりをしていくための共通ビジョンを作りたい、と安田さんからお話しがありました。まちづくりをする側の人間だけでなく、いま浜町に住んでいる方、これから浜町に来られる方にも共有できる「浜町がどんな街か」を表現するキーワードです。それで “「手しごと」と「緑」のみえる街” という浜町のまちづくり全体のコンセプトが出来ました。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
取材中、企画時のお話を楽しそうにしてくださった菓子さん。

菓子さん:街歩きをしたくなるような街ってどんな場所だろう? と考えたときのひとつの答えが「手しごと」が見えることでした。例えば、うどん屋さんで麺をのばしている様子が見えたりですとか。閉じた壁の中で何が起こっているのか分からない場所よりも、そこで作られているものがチラっと見えて、購入もできる。そういうお店が多い街は歩くのが楽しくなる。もうひとつは、緑があること。歩いていて気持ちいいなと感じられる街には、緑があります。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
店内のガラスには、nelが大事にしている思いが記されています。
「手しごと」と「日本らしさ」を大事にする

——nelでは、まちづくりのコンセプトから「手しごと」を、また「日本らしさ」もコンセプトにしていますね。なぜでしょうか。

 

菓子さん:「日本らしさ」というと安直に聞こえてしまうかもしれませんが、ホテルという海外の方が多く来られる場所ですので、やはり「日本らしさ」を感じてもらえる商品を作りたいと思いました。

 

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
開発・デザインしたチョコレートについて話す村田さん

村田さん:nelのチョコレート、特にボンボンショコラは「日本らしさ」を大事にしています。紫蘇や山椒、柚子や胡麻といった日本人にとって馴染みのある素材を使用し、見た目も和柄や日本らしい配色を考えました。ビーントゥバーに留まらず、カカオ豆からボンボンショコラやアシェットデセール(店内で提供される、皿盛りのデザート)まで作れるのがnelの強みです。パティシエの経験を活かして、幅広い視野でカカオの表現の可能性を日々研究しています。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
村田さんのデザインしたボンボンショコラ。味わいだけでなく見た目にも美しい。

——チョコレートだけでなく、お店の商品にも「手しごと」のコンセプトが反映されていますよね。板チョコレートの包装紙がカカオハスク(カカオの皮)を使って作られていると知ったときは、驚きました。

 

菓子さん:そうなんです。こちらは美濃和紙の職人の方に頼んで、オリジナルで作っていただきました。随所に「手しごと」の要素を散りばめています。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
板チョコレートの包装には、チョコレートを作る時に出るカカオ豆の皮を使った和紙が使用されている。
まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
店内にあるカカオの形を模したシェードランプ。板チョコレートのパッケージと同じカカオ和紙が使われている。
たった1軒のチョコレートショップが、その街を訪れる「目的」になる。

——HAMACHO HOTELとnelは、浜町のまちづくり事業の一環で作られたということですが、どうしてチョコレートショップにしたのでしょうか?

 

菓子さん:HAMACHO HOTELの中にチョコレートショップを作ったのは「目的になる場所」を作りたい、という思いが始まりです。浜町に人を呼びたいと考えたとき、人が目的にして足を運ぶものって、やっぱり美味しいものだろうと思ったんです。いろんなアイデアを出しましたが、その中でもチョコレートは個人的に好きなこともあり、企画に落とし込みました。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO

菓子さん:チョコレートはおやつとして日常的に食べるものである一方、ギフトとしてお渡しできるような特別感と価格帯を兼ね備えています。この二面性が、ホテルであり、街の公共空間であってほしいこの場所に合っていました。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
村田さんの修行元である京都の名店「洋菓子マウンテン」のスペシャリテをオマージュした「日本橋 Hamachoco」1,000円(税抜)

——メニュー作りのなかで意識していることはありますか。

 

村田さん:地域の皆さんにも食べていただきたいので、イートインで食べていただけるパフェや「日本橋 Hamachoco」 は、価格を抑えて満足感を出すことを意識しています。

 

——お店にはどういったお客さんが来られるのでしょうか。

 

村田さん:平日と休日では客層が全く変わります。平日には、近隣のオフィスワーカーや主婦の方が。週末になるとチョコレート好きの方がnelを目的にして浜町まで来てくれますよ。

 

地域との繋がり

——近隣からは、ちいさな子を連れた親御さんから、近所のおじいちゃんおばあちゃんまで年齢や性別を問わずいろいろな方が来てくれるのだそうですね。

 

村田さん:地域の方々が僕のことを「村田さん」と呼んでくれるのは、すごく嬉しいです。子供たちからはプレゼントをもらうこともあるんですよ。

 

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
村田さんが「僕の宝物です」と言って見せてくれたのは、地域の子供たちからの手紙やイラスト。

——すごい! 素敵ですね。こうしたコミュニケーションが生まれるのは、居住者の多い街ならではだと感じます。

 

菓子さん:nelは賑わいの場になってほしかったので、ショップにカフェを併設したんです。それがよかった。チョコレートを買って帰るだけでなく、ここで食べたり飲んだりしていると、会話が生まれますよね。そこからお店とのコミュニケーションも生まれます。

 

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO

菓子さん:お子さんにも食べていただけるようにと、チョコレートプリンやショコラショーも置いています。

 

村田さん:カカオ豆から作っているので、個性を出すこともできますが、あまり尖らせすぎず、みんなが思うおいしいチョコレートを作っていたいですね。そうやって愛されるチョコレートショップになることが、浜町への貢献にも繋がると思っています。

 

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
nelのカフェメニュー。ショコラショー(チョコレートドリンク)は、好きな板チョコレートの味を選ぶことが出来ます。
浜町を代表するチョコレートショップになりたい

——最後に、今後の展望や目標を教えてください。

 

菓子さん:HAMACHO HOTELとnelは先日1周年を迎えたばかりです。これまでお話したコンセプトやまちづくりへのビジョンを、誰もが感じられるようになるのは、あと5年も10年も先のことだと思っています。すぐに結果が出ないものなので、難しいですね。

 

わたしたちはホテル事業をしていますが、ただ客室を販売して利益を得るだけではなく、どのようにしてこの街に貢献していけるかがとても大事だと考えています。

 

村田さん:このお店を浜町のシンボルにしたいですね。浜町に来たら、HAMACHO HOTELに泊まって、チョコレートを食べて帰る。お土産にチョコレートを買って帰る。それくらいこの街を代表するブランドになりたいと思っています。

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO
nelの店先にて。お店の入り口にも「緑」があります。

——日本橋浜町。「緑」と「手しごと」の見える街。そこにはまちづくりへの思いを形にした、ひとつのチョコレートショップがありました。

 

まちづくりと聞いて壮大な都市計画や道路整備を想像していた私ですが、ひとつの建物が与える影響がこんなにも大きいことを今回のインタビューで知ることができました。今、nelは確実に、浜町のまちづくりの一端を担っています。

 

HAMACHO HOTELとnelそして浜町という街全体のこれからを楽しみに、お店を後にしました。また、おいしいチョコレートを食べに行こう、そう思いながら。

 

【Profile】

菓子 麻奈美(Manami Kashi)

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO

東京芸術大学大学院美術研究科建築専攻修了。

長谷川逸子・建築計画工房を経て、2011年都市デザインシステム(現UDS)入社。

ホテル・オフィス・店舗のインテリアや家具のデザイン、ブランディング、VI計画を手がける。

村田 友希 (Murata Yuki)

まちをつくるチョコレートショップ nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO

京都市内の洋菓子店にてパティシエとしてスタート。その後、京都 福知山市「洋菓子マウンテン」に勤務しワールドチョコレートマスターズ2007総合優勝の水野直己氏に師事。2012年よりスーシェフを務める。2014年よりフランス、ルクセンブルグのパティスリーにて勤務し伝統菓子を学ぶ。帰国後、nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO 開業にあたりシェフショコラティエに就任。

文:嘉手川瑞姫 写真:坪田将知 編集:新井まる