高橋ヨーコ(写真家)と大田垣晴子(画文家)、野口アヤ(ファッションデザイナー)がおくる、漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」。

 

それぞれ異なるジャンルで一時代を築きながら今も最前線で活躍する同い年3人組が、ゆる〜く集合。もはや街の現代文化遺産とも言える喫茶や洋菓子の名店を巡り、ただただ大好きなチョコレートケーキを探す旅。

 

第4回目は、目黒の住宅街にひっそりと佇む、地元で人気の洋菓子店「アントワーヌ・カレーム」でチョコレートケーキのお持ち帰り。テイクアウトが主流となりつつあるこの時期ならではの企画です。

 

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第4回目は目黒の住宅街に佇む「アントワーヌ カレーム」へ。
漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第4回目は目黒の住宅街に佇む「アントワーヌ カレーム」へ。 漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第4回目は目黒の住宅街に佇む「アントワーヌ カレーム」へ。
スマートフォンの場合はピンチアウトで表示を拡大してご覧ください
漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第4回目は目黒の住宅街に佇む「アントワーヌ カレーム」へ。

 

アントワーヌ・カレーム(文:大田垣 晴子)

 

1987年創業。原材料にもこだわり抜いたケーキは老若男女に愛される味わい。10日間シロップで煮たオレンジの皮をチョコレートでコーティングしたオランジェットも名品。

注文してからクリームを詰めるジャージークリームデニッシュはサクサクでクリーミー!しかし30分~1時間以内に食べて欲しいので一目散にお持ち帰りすべし。

 

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第4回目は目黒の住宅街に佇む「アントワーヌ カレーム」へ。

 

アントワーヌ・カレーム

〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-1-27

TEl: 0120-60-4463

10:00~17:00 (時間外商品受け渡しご相談ください)・第3月曜日定休日(祝日の場合には翌日)

info@antoinecareme.com

https://www.antoinecareme.com

 

今回はテイクアウトということで、お家でゆったり撮影、その後チョコレートケーキをゆっくりいただく予定でしたが、やはりドタバタ!な取材となり、ケーキを囲んだいつもの楽し美味しいひと時でした。

次回の「レッツ!喫茶部」は、夏真っ盛り、ということでリゾート気分がキーワード?!との噂あり。

 

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第4回目は目黒の住宅街に佇む「アントワーヌ カレーム」へ。

 

写真:高橋ヨーコ/YOKO TAKAHASHI

1970年生まれ、京都出身。写真家。横浜国立大学卒業。世界の生活文化をフィールドワークするように撮影旅行を続けている。2010年よりCaliforniaベイエリアへベースを移しサンフランシスコを拠点に10年間世界を飛び回る。2020年、米国より帰国、再び日本にベースを移す。ビジュアルジャーナルOntarioを不定期で発行。写真集、個展開催も多数。

 

画文:大田垣晴子/おおたがきせいこ

1969年生まれ、神奈川県横浜市出身。画文家。武蔵野美術大学卒業。同大学ファッションデザイン研究室勤務の後、独立。イラストとエッセイが融合した”画文”というスタイルを確立し、雑誌、新聞、広告などで活躍。著書多数。近著『徒然絵つづり百人一首』(藝術学舎刊)

 

コーディネート:野口アヤ/のぐちあや

1969年生まれ、東京出身。ファッションデザイナー、ディレクター。武蔵野美術大学卒業。大田垣晴子とは同級生。2001年に独立、その後自身のブランドを全国展開、現在はayanoguchiayaにて活動。SISON GALLERy主宰。2011年より東京と三浦半島秋谷の二拠点生活を続けている。高橋ヨーコとはご近所付き合いも。

 

 

〈関連記事〉

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第3回目は赤坂見附の老舗洋菓子店「しろたえ」へ。

漫画と写真の連載「レッツ!喫茶部」第2回目はタンゴ流れるミロンガ・ヌオーバへ。

漫画と写真の新連載 高橋ヨーコ、大田垣晴子、野口アヤの「レッツ!喫茶部」