FEATURE

美味しくて身体も喜ぶカカオを使ったお料理レシピをご紹介していく連載企画。

薬膳料理研究家ヤマグチヒロさんが、毎月「おいしい」を届けてくれます。

 

今月のテーマ:寒い冬にウイルスから身を護る免疫向上スープ

最近、めっきり寒いですね。

寒くなると身体が冷え、身体の循環が悪くなり体力が落ちやすく、ウイルスに感染しやすくなります。

このカカオ薬膳スープは鶏の滋養とともに、スープにたっぷり溶け出したスパイス、漢方食材の成分で身体を温め、免疫を高めてくれます。

また、リモートワークで鬱々してしまう気持ちも、カカオや陳皮の香りで

気分をリフレッシュしてくれる効果も。

カカオの芳香な香りで食欲も進む薬膳スープ、ぜひお試しくださいね。

 

【鶏とブランマッシュルームのカカオ薬膳スープ】

 

<材料>2人分

・鶏むね肉          150g

・セロリ           50g

・人参            50g

・玉ねぎ           50g

・さつまいも         50g

・ブラウンマッシュルーム     3個(50g)

・乾燥なつめ         2個

・陳皮(みかんの皮)     1g

・クローブ                                    1.5g

・唐辛子           1g

・ローストカカオ豆      2個

・カカオニブ         10g

・蜂蜜            15g

・醤油            10g

・自然塩       2g

・水   240cc

 

<作り方>

①臭みを取るため鶏むね肉をお湯でさっと茹でる (30秒)

②セロリ、玉ねぎはスライスに切り、人参、さつま芋は大きめに乱切りに、

ブラウンマッシュルームは半割りに切っておく。

③①の下処理をした鶏むね肉を大きめに4カットに切る。

④③の鶏むね肉と②の野菜を鍋に入れ、乾燥なつめ、陳皮(無ければみかんの皮)

クローブ、唐辛子、ローストカカオ豆、カカオニブを入れ、水を入れる。

⑤弱火で火を入れていく。ふつふつしてきたら調味料を入れて10分煮込みます。

⑥器に盛り、完成。

 

ウイルス撃退!身体を芯からあたためるスープレシピ

<効能>

鶏肉、さつまいもでエネルギーを作り、人参となつめで血を作り、

玉ねぎ、陳皮、カカオで血を巡らせ、ブラウンマッシュルームで消化器を、カカオで循環器を強くし、陳皮、セロリ、カカオで気を巡らせ、クローブ、唐辛子で殺菌、抗ウイルス作用を発揮。

 

・鶏むね肉          エネルギー補給。身体を温める。      

・セロリ           利尿作用。

・人参            血を作る作用。咳を止める。

・玉ねぎ           血を綺麗にする作用。

・さつまいも         エネルギー補給。疲労回復。

・ブラウンマッシュルーム     消化器を健康にする。気を巡らせる。便通改善。

・乾燥なつめ         貧血改善。美肌効果。

・陳皮(みかんの皮)     気鬱をとめ、気を流す効果がある。

・クローブ                                    身体を温め免疫向上。抗ウイルス作用。

・唐辛子           消化を促進する。殺菌作用。

・カカオ豆          疲労感の改善。強心作用。循環器機能改善。滋養強壮。

 

ウイルス撃退!身体を芯からあたためるスープレシピ