FEATURE

2021年もバレンタインデーが近づいてきました!

自分のため・誰かのために贈るチョコレートはもうお決まりですか?

 

2020年3月のローンチ以降、APeCAではカカオやチョコレートにかかわる様々なブランドを取材し、その想いを紹介してきました。

今回は、これまでインタビューにお応えいただいた8つのブランドを取材。お取り寄せできるバレンタイン・チョコレートを特集します。

 

オーガニック・アリバカカオのチョコレート専門店『MAMANO CHOCOLATE』

まずは、南米・エクアドルのオーガニック・アリバカカオを専門に扱うショコラトリー『MAMANO CHOCOLATE(ママノチョコレート)』から。

 

代表取締役・江澤孝太朗さんはたまたま訪れたエクアドルで、固有種であるアリバカカオに出会い、その香りや素晴らしさにすっかり魅了されます。

この希少なカカオを使い、チョコレートを作りたい――。

その想いで異業種から未経験でショコラティエに転身、2013年『ママノチョコレート』を創業しました。

 

自然と共存する「チャクラ農法」で育てる現地のカカオ農家やドイツ人パートナーらと協力し、アリバカカオの魅力を広く伝えています。

 

カカオとの出会いが人生を変えた「MAMANO CHOCOLATE」江澤さんインタビュー

https://www.apeca.co.jp/feature/105/

 

その『ママノチョコレート』が2021年のバレンタイン限定商品として手掛けたのが、ジャパニーズウイスキー×アリバカカオのボンボンショコラです。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選
ジャパニーズシングルモルトウイスキー6種×アリバカカオのボンボンショコラ

近年盛り上がりを見せるジャパニーズウイスキー。なかでも蒸溜所の特徴が表れているシングルモルトウイスキーの中から6種を厳選。アリバカカオとのバランスを考慮し、それぞれが最大限に生きるボンボンショコラに仕上げられています。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

使用するウイスキーは、写真左から「安積」「厚岸」「山崎」「津貫」「余市」「秩父」の蒸溜所のもの。

 

チョコレートの原材料はすべて同じで、違いはウイスキーだけ。

アリバカカオとウイスキー、作り手の想いが詰まったマリアージュを楽しめます。

 

※実はこちら、公式オンラインショップと赤坂見附本店でも販売予定でしたが、人気によりすでに完売しています。

2月5日から開催の「伊勢丹スイーツコレクション」で数量限定販売が予定されていますので、そちらをチェックしてみてくださいね。

 

■商品概要

ジャパニーズシングルモルトウイスキー6種×アリバカカオのボンボンショコラ

価格:6個入り/3,000円(税込)

販売時期:2021年2月5日(金)~2月14日(日)

販売場所:伊勢丹新宿店 本館6階 催物場

https://mamano-chocolate.com/blogs/news/jwhiskey2021

カカオ農園開発×お菓子開発を手掛ける『Whosecacao』

 

インドネシアやタイなどの東南アジア地域で現地企業や生産者と連携を取り、スペシャリティカカオを開発する『Whosecacao(フーズカカオ)』。カカオ豆の発酵にこだわり生産・加工から輸入、卸売事業までを手掛けています。さらに、カカオに特化したお菓子ブランド「CROKKA」も運営しています。構成メンバーはIT、金融、お菓子業界など多様なバックグラウンドがあり実にユニーク。インタビューにお答えくださった代表・福原瑛さんは、APeCAでコラムも書いてくださっています。

 

「農園に居続けたこと」が生んだブレイクスルー。日本の“ビーン・トゥー・バー”をインドネシアから支える

https://www.apeca.co.jp/feature/116/

 

その『Whosecacao』が運営する「CROKKA」は、自社で開発したカカオ豆から作られるカカオ専門のお菓子ブランド。

今回、バレンタインにぴったりとおすすめしてくださった商品は、発酵にこだわった大人のテリーヌです。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選
スペシャルティカカオの酸味と苦味を楽しむ発酵テリーヌ

「スペシャルティカカオの酸味と苦味を楽しむ発酵テリーヌ」は、インドネシア・スラウェシ島で、生産から輸入までをすべて自社で手掛けたという、スペシャリティカカオ豆をふんだんに使用したテリーヌです。ひとつで5~6人前は切り分けられるたっぷりサイズ。

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

芳醇なコクの国産発酵クリームやヨーグルトを使用しているため、濃厚さもありつつサッパリとした食べ心地。上部にカカオニブを散らして、ザクザク感も楽しめます。小麦粉不使用のグルテンフリー。添加物やお酒も使っていないので、お子さんにもおすすめです。

冷凍してアイスケーキのように楽しんだり、解凍してふわふわ食感を堪能するのもいいですね。

 

■商品概要

スペシャルティカカオの酸味と苦味を楽しむ発酵テリーヌ

サイズ目安(縦×横×高さ):14×7×3cm

価格:4,200円(税別)

販売時期:2021年2月上旬~

販売場所:フーズカカオWebショップ

https://whosecacao.com/products/hakko-terrine

 

ウェルフード マーケット&カフェ『imperfect』

世界の食と農を取り巻くさまざまな社会課題に取り組む『imperfect(インパーフェクト)』。APeCAでは、ブランド立ち上げ当初から関わっているマーケティング部長・佐伯美紗子さんに、ブランド誕生の経緯や社会課題に対する現在の取り組みについてお話を伺いました。

 

消費者も生産者もお互いが豊かに。

ただ「おいしい」だけではなく、食のよいサイクルを作る「Do well by doing good.」(=いいことをして、世界と社会をよくしていこう)活動を行っているのが特徴的。お客様とともに取り組むプロジェクトを展開しています。

 

ウェルフード マーケット&カフェ「imperfect」が考える、社会の良い循環を作っていくこと

https://www.apeca.co.jp/feature/596/

 

その『imperfect』が手掛けるバレンタイン限定商品は、1 粒の中に2 つの素材を掛け合わせたチョコレートです。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

アーモンド&ココナッツ、コーヒー&オレンジピール、カカオ&エルダーフラワーと、

それぞれの素材の掛け合わせが楽しめるチョコレートが3種類。2 粒ずつ計6 粒を詰め合わせた豪華なボックスです。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

使われている原材料にもしっかり取り組みがなされています。

 

例えばアーモンド&ココナッツには、農作物の栽培に欠かせないミツバチの生育環境を整えながら育てるアーモンドを使用。コーヒー&オレンジピールには、ブラジルのコーヒー農園で働く女性の主体性をサポートするプロジェクト “カフェ・デラス”で生産されたコーヒー豆を使用しています。

 

■商品概要

幸せなチョコレート

・ALMOND & COCONUT(アーモンド&ココナッツ)

・COFFEE &ORANGE PEEL(コーヒー&オレンジピール)

・CACAO & ELDERFLOWER(カカオ&エルダーフラワー)

価格:6個入り/2,100円(税別)

発売期間:2021年1月15日(木)〜2月14日(日)

※数量限定のため、なくなり次第終了

http://www.imperfect-store.com/

 

サンフランシスコ発、Bean to Barの先駆者『ダンデライオン・チョコレート』

Bean to Barをテーマに、アメリカ西海岸サンフランシスコで生まれた『ダンデライオン・チョコレート』。2人の若者が友人のガレージを借りてチョコレートづくりをスタートさせたというストーリーを知り、「この店と工房を日本でもやりたい」と半年かけて創業者を口説き落としたのが、ダンデライオン・チョコレート・ジャパン代表取締役CEOの堀淵清治さん。

 

「リスクなんて考えなかったし、マーケティングもなし。ブルーボトルコーヒーもダンデライオン・チョコレートも、本当に良質の、美味しいものしか作っていない。そしてそこには面白いストーリーがある。僕にはそれで充分。あとは、自分の直感を信じる」との言葉が印象的。APeCAでは3回にわたりインタビュー記事をお届けしています。

 

ヒッピーからチョコレートへ。ダンデライオン・チョコレート・ジャパン代表取締役CEO 堀淵清治

https://www.apeca.co.jp/feature/626/

 

2021年、ブランド日本上陸5周年を迎える『ダンデライオン・チョコレート』。

今年のバレンタインは、日本上陸時から変わらず人気という「チョコレート・コレクション」のパッケージがリニューアルされます。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

カカオ豆の含有率は70%で統一。シングルオリジンの醍醐味である、産地ごとのフレーバーの違いを楽しめるチョコレートです。丁寧な解説書付きなので、Bean to Barチョコレートは初めて、という方へのギフトにもおすすめですね。(チョコレート・バーの種類は製造時期に合わせ店舗ごとに選んでいるとのこと)。

 

その他、日本上陸5周年を記念して作られた「ハシエンダ・アズール, コスタリカ 100% チョコレート・バー」や「ボンボンショコラ詰め合わせ」なども販売されます。

 

■商品概要

チョコレート・コレクション

価格 :2枚入り/2,800円(税別)、3枚入り/4,000円(税別)

販売時期 :2020年12月からオンラインストアにて順次販売予定

※2021年1月以降は全店舗にて販売予定

販売店舗 :ファクトリー&カフェ蔵前、伊勢外宮店、表参道店、

名古屋 POP-UP STORE、オンラインストア

https://dandelionchocolate.jp/collections/

 

引き算の作り方で、カカオ豆の個性を最大限に引き出す『Minimal』

原材料は、カカオ豆と砂糖のみ。何も足さない最小限の作り方で、カカオ豆の個性を最大限に引き出すクラフトチョコレートブランド『Minimal-Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)』。APeCAでは代表をつとめる山下貴嗣さんにインタビュー。ブランド誕生の経緯や現在の取り組み、ご自身のプライベートについてなど、色々なお話を伺いました。

 

日本人ならではのきめ細やかさを活かし、和食に通じるような引き算の方法で。カカオそのものを味わうチョコレートづくりを目指す山下さん。

世界何十カ国にもわたるカカオ農園との持続的な取り組みも伺うことができました。

 

100年後を見据えたチョコレート作り。Minimalの「モノづくり」精神とは

https://www.apeca.co.jp/feature/698/

 

『Minimal』2021年バレンタイン商品は、バレンタインデー限定特別デザインの「Tasting Set」。通常は黒い箱ですが、この期間は白い箱で届けられます。ハレの日らしい上質なデザインで、幅広い人に贈れる装いになっています。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

チョコレートは「NUTTY」「FRUITY」「SAVORY」という、定番3種類の食べ比べ。カカオ豆と砂糖だけなのに、驚くほどに異なる香りや味わいをしっかり堪能できるセットです。

その他、毎年テーマが変わるシングルオリジンのチョコレート・セット「Minimal Works:Flight」や、Bean to Barの味わいを手軽に楽しめる、限定デザインの「チョコレートサンドクッキー」など多彩な商品から選べます。

 

■商品概要

Tasting Set S/M(バレンタイン限定デザイン)

価格

S:3種×3枚×5g(9枚)/2,300円(税込)

M:5種×3枚 (15枚)/3,834円(税込)         

販売時期:2021年1月~※数量限定、なくなり次第終了

販売店舗:公式オンラインショップまたは各店舗

Tasting Set S

https://mini-mal.tokyo/products/100000000448

Tasting Set M

https://mini-mal.tokyo/products/100000000449

 

コロンビアのカカオ生産者と日本・世界を結ぶ『CACAO HUNTERS JAPAN』

「理想のカカオ」を探し求めて世界中を旅し、現在は南米コロンビアでカカオの生産者支援とファクトリーを営む、カカオハンター® 小方真弓さん。「すべてのカカオの可能性を見出し、チョコレートの香味へと繋げる」をテーマに、コロンビアのカカオ生産者と日本を、そして世界とを結ぶ取り組みを行っています。2020年8月には東京駅構内のグランスタ東京に、「チョコを愉しみカカオを学ぶ」をテーマにした初の店舗『CACAO HUNTERS Plus』をJR東日本フーズとの共同プロジェクトでオープンしました。

 

APeCAでは昨夏、スペシャルティコーヒー専門店『猿田彦珈琲』代表・大塚朝之さんとの対談に登場していただきました。

コーヒー豆とカカオ豆をめぐる、甘くて苦くてちょっぴり酸味もある語らい。3回にわたる、味わい深い記事です。

 

その『CACAO HUNTERS JAPAN』の新商品をご紹介。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選
ニッポンの味、カカオの香り YUZU

自然の中で育てられた日本産(徳島県・上勝町中心)の柚子の味わいを、コロンビア南部・トゥマコのカカオと組み合わせたチョコレート。「コロンビアで限定生産しているチョコレートを、日本の皆様にも紹介したい」と限定パッケージで登場です。 

爽やかな柚子のその皮と果汁をフレッシュな状態でフリーズドライに閉じ込め、

チョコレートとともに練り上げた商品。冷涼な気候を好む柚子の木と、熱帯の気候を好むカカオの木の出会いが楽しめます。

 

その他、CACAO HUNTERSの工場スタッフ、エディさんのご家族が育てる希少なコーヒー豆「tabi(タビ)」を挽いてチョコレートに練り込み、その香りを閉じ込めた「CAFÉ DE EDI (カフェ・デ・エディ)/700円(税抜)」や、昨年から人気の「ELIZABETH 71%/1300円(税別)」も販売。お好みに合わせて選んでみてくださいね。

 

■商品概要

ニッポンの味、カカオの香り YUZU(限定パッケージ袋1枚入り)

価格:800円(税別)

販売時期:2021年1月15日~

販売場所:CACAO HUNTERS Plus 店頭、CACAO HUNTERS オンラインショップほか、サロンデュショコラ等バレンタインの催事(全国5ヶ所)や全国取扱店舗でも販売予定

※数量限定のため、なくなり次第終了

https://cacaohunters.jp/store/

 

唯一無二、広島のユニークなチョコレート工場『USHIO CHOCOLATL』

広島・尾道からフェリーで尾道水道を渡り向島へ。瀬戸内の海を一望できる山の中腹にあるのが、手作りの温かみを感じるチョコレート工場「USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)」です。

世界各国の良質なカカオ豆を仕入れ、豆の焙煎から製造、販売までを一手に担うお店。店内にはアーティストがパッケージを手掛ける産地別のチョコレートほか、地元食材を使ったチョコレートが並びます。その他、手ぬぐいや開運グッズなども置かれており、いわゆる”チョコレート・ショップ”とは異なる空間です。

 

代表・中村真也さんへのインタビューでは、ブランド立ち上げの経緯や、チョコレートに留まらない取り組みについて伺いました。「今後力を入れていきたい」と話してくださった、在来野菜を守る活動も印象深い内容です。

 

唯一無二。チョコレートに留まらない「USHIO CHOCOLATL」のユニークな魅力

https://www.apeca.co.jp/feature/908/

 

「USHIO CHOCOLATL」中村さんがおすすめしてくれた商品は、『唐人豆』という落花生を使ったチョコレート。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選
唐人豆チョコレート

日本の植物学の父と言われた植物学者・牧野富太郎さんの意思を継いだ農家の方たちが、種から復活させている伝統作物。そのうちのひとつが、大型の落花生「唐人豆」です。上品な香りに濃い味わいは、グアテマラ産のチョコレートに良く合います。

さらに、高知の無農薬柚子をカリカリに仕上げて中に練り込み、上にも振りかけて。ザクザクとした食感も楽しめるチョコレートです。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

幻想的なパッケージは、国内外で活躍する双子のアート・ユニット「HAMADARAKA」さんが手掛けたもの。食べ終わった後も取っておきたくなるデザインです。

 

■商品概要

唐人豆チョコレート

価格:1,080円(税込)

販売場所:公式オンラインショップまたは店頭にて

カカオを通じて日本もアマゾンも豊かに。『AMAZON CACAO』

南米・ペルー、アマゾンでカカオと出会い、食材としてのカカオの奥深さを伝えている料理人・太田哲雄さん。長野・軽井沢にある自身のラボ兼レストラン「LA CASA DI Tetsuo Ota」を拠点に、『AMAZON CACAO』を使った料理やお菓子を作り、さらには有名シェフたちへカカオの卸も行っています。

もともと太田さんは、イタリアやスペイン、ペルーで10年以上修業を積んだ料理人。なぜ自らカカオ・ビジネスを始めたのでしょう。

料理人になった経緯、ペルーの”カカオ村”との出会い。そして、地元・長野で行っている”未来への種まき”など。前後編の2回に渡るインタビューで、さまざまなお話を伺いました。

 

星付き名店食べ歩きから、アマゾンカカオに出会うまで。 アマゾン料理人・太田哲雄シェフインタビュー

https://www.apeca.co.jp/feature/975/

 

その『AMAZON CACAO』、じつは静岡の銘菓「うなぎパイ」で有名な『春華堂』と、お菓子の共同開発をしているんです。

 

『春華堂』は明治20年に創業した老舗の和菓子屋。現在は和菓子以外に洋菓子やクリスマスケーキなども扱っており、その商品数は400以上にものぼります。

2014年からは和菓子のブランド「五穀屋」、スティックパイの「coneri」というブランドも立ち上げ、素材ひとつひとつにこだわった商品を開発しています。

 

お菓子ブランドとして、今後はチョコレートにも注力していきたい――そんな想いから2015年に立ち上げたのが、自社の研究施設を兼ねた「カカオラボ」。

 

ある時、太田さんの店でカカオ料理を食べた春華堂のスタッフさんは、その味わいに衝撃を受けたそう。その後太田さんと一緒にペルーを訪れ、現地の市場やアマゾンでの生活も体験したとか。その縁がコラボレーションにつながりました。現在、太田さんと春華堂スタッフさんは数々の新商品開発に注力しているのだそう。

そのうちのひとつが、「AMAZON CACAO monaca(アマゾンカカオもなか)」です。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選
AMAZON-CACAO monaca

ココアパウダーを練りこんだパリパリ食感のもなか皮に、クリオロ種のアマゾンカカオで作った濃厚なガナッシュと、春華堂の和菓子職人が仕上げた粒あんをサンドして食べる、まさにコラボな逸品。サンドしてから少しトースターで温めると、皮はパリッと、中のガナッシュはトロリとなめらか食感が楽しめます。

 

包装はカカオを発酵させる際に使うバナナの葉を、箱は発酵の木箱を模しており、こだわりが感じられます。

 

カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

創業以来130年以上にもわたり、和菓子のあずき餡を炊いている春華堂。また、カカオも同じ豆。遠く離れた同じ豆を掛け合わせてできたのが「AMAZON CACAO monaca」なのだとか。

 

こちらはオンラインでの通年販売。「面白い」「目先が変わっている」と特に男性人気が高いのだとか。女性→男性へのバレンタインプレゼントにも最適ですね。

 

■商品概要

AMAZON-CACAO monaca

12個入り/3,800円(税別)

販売場所:春華堂公式オンラインショップ

https://ec.shunkado.co.jp/products/list.php?category_id=192

 

2021年は、ブランド・ストーリーを感じるチョコレートを味わおう
カカオ好きにおすすめ!バレンタイン用アイテム8選

これまでに取材した8ブランドの想いとともにご紹介した、珠玉のチョコレートたち。

どれもブランドそれぞれの魅力が詰まった商品ばかりです。

オンラインで購入できるので、バレンタインの贈り物としても、自分用のご褒美チョコにもおすすめ。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

文=田窪綾