COLUMN
COLUMN

読書の秋

7月に引っ越しをしてからというもの、おうち時間がますます充実している毎日。

最近は植物やお花達が仲間入りし、日々、愛情を注いでおります。

 

今年はあっという間に秋が来てしまいましたね。。

自粛期間のせいか、2.3ヶ月時の感覚がズレているのは私だけでしょうか?しかしながら、時はしっかりと前に進んでいるのですね。そろそろ感覚と現実をしっかり捉えていきたい所です。

 

さて、秋といえば「読書の秋」。

本屋さんにて新しい2冊のチョコレートに関する本を迎え入れてきました。

 

読書の秋

1冊はもっともっと、知識を深めたくてチョコレート辞典なるものを。そしてもう1冊は、2016年に日本一号店を蔵前にてオープンさせた、サンフランシスコ発祥のチョコレートショップ ダンデライオンチョコレートについてのもの。

 

どんなものでも、その背景にあった出来事やどのようにして今、そこに辿り着いたのか。

関わる人達の想いが垣間見える物語が気になる私。

 

誰かがカタチにしたそれは、初めはちっぽけな興味や好奇心だったのかもしれない。けれど、沢山の時間と人と、想いを詰め込む。それこそが、”そのもの”を大切なかけがえのないものへと昇格させていったんだろうなぁ。彼らの物語に想いを馳せると同時に、自分自身を重ね合わせているのかもしれません。

 

読書って良いですね。

本を読むことで、今、自分の中に転がっている漠然とした感情たちを

鮮やかに表現出来る様になりますように。

 

皆さんも充実した、秋の時間をお過ごし下さい。

 

すみれ