COLUMN
COLUMN

カカオ豆はあんこになれるか

和菓子には欠かせない、あんこ。

小豆餡は小豆から、白餡は白花豆や白インゲンなどから、ずんだは枝豆から。

よく聞くあんこといえば、あらゆる豆に砂糖を加えて煮たペーストというイメージがあります。

 

この間あんこを食べていてふと、カカオ豆も豆のようなもので、砂糖を加えてペーストにしてるあたり、チョコレートはあんこに近いのではないか、と思いました。

 

カカオ豆は厳密には豆ではないのですが、豆に近いから豆と呼ばれていると思うのです。

日本あんこ協会によると、あんこの定義は「食材を煮詰めて練ったペースト状のもの」で、「その人にとって大切な人から無条件かつ無限の愛を感じられる象徴」だそうです。

 

豆である必要や砂糖を加える必要がなかったので普通のチョコレートのあんこ要素はペースト状な点だけになってしまいました…。

しかし、カカオ豆を用意して煮詰める工程を挟んだ上で砂糖を加えてペーストにすればそれはチョコレートでもあり、あんこでもある存在になるのでは?と好奇心が芽生えたので、試しにカカオ豆を煮てみました。

 

カカオ豆はあんこになれるか

カカオ豆がどうなったかは次のコラム「カカオ豆は煮れるのか?」に続きます!お楽しみに!