COLUMN
COLUMN

都市部ではなく田舎で売買される希少な蜂蜜たち

エンレカンの蜂農家さんから蜂蜜を購入しきました。

スラウェシ島にはいくつか有名なミツバチがいて、ニホンミツバチより大きく凶暴で毒をもつオオミツバチであるドルサタ(dorsata)種、東南アジアのスラウェシ島やフィリピン周辺にしか生息しないという小さな蜂トリゴナ(Trigona)種。ドルサタ種は原生林の中にしかいません。今回は蜂農家さんの持つトリゴナ種に会いにきました。巣箱に近づいたり、箱をつつくと中から小さな黒いハエのような蜂がたくさん出てくる。針を持っていないから攻撃してきても身体にまとわりつくだけ。髪の毛の中に潜り込んでくるのでちょっと痛痒い。とれたての蜂蜜をいただきましたがとても酸っぱい。柑橘系フルーツの果実をシロップにしたみたいです。こういった蜂蜜は都市部には流通していなかったりします。冷蔵で管理しないと品質もすぐに変化してしまうのと、じつは地元でもかなり人気で都市部に流通する前に消費されてしまう貴重な代物なんです。特にオオミツバチの蜂蜜は世界的にも希少な蜂蜜。現地で農家さんと契約してたくさん日本に持ってきたい…

都市部ではなく田舎で売買される希少な蜂蜜たち
都市部ではなく田舎で売買される希少な蜂蜜たち
都市部ではなく田舎で売買される希少な蜂蜜たち