COLUMN
COLUMN

タンザニアとモバイル革命

カルチャー:大西章博

 

アフリカ大陸東の入り口

写真は2018年のタンザニア、旧首都ダルエスサラームのジュリウス・ニエレレ国際空港。

並んでいる往年の日本車は、今、まさに現役!アフリカの大地を無茶苦茶よく走ります。

タンザニア連合共和国 (United Republic of Tanzania)は東アフリカに位置し、ケニアやウガンダと接する国です。

日本の約 2.5 倍の国土に約 5,700 万人が暮らしています。

労働人口は全体の約7割が農業部門。

北東部にあるアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ周辺で生産されるコーヒーが輸出物として有名です。

発酵食品は産業としてのビール製造事業くらいしかありませんでした。

チョコレートなどの原料のカカオ豆は一部で栽培があるようでしたが、私達の予定地から遠すぎて滞在期間中に伺うことはできませんでした。

代わりに、ここから4回で、タンザニアのインフラ事情をご紹介したいと思います。

 

タンザニアとモバイル革命