日本ではあまりなじみのないイ-スター祭りは、十字架にかけられて死んだキリストが三日目に復活したことを祝う、キリスト教で最も大切な行事です。ヨーロッパとアメリカ大陸ではどの国もこの日はお休み。この祝日は太陽暦で決められるため毎年変動し、2021年は4月4日でした。

 

国により、イースターに食べるものや習慣は違いますが、ここフランスではクリスマスの次に子供に愛されている行事です。その理由は、ずばりla chasse aux œufs。日本語に訳すと「卵狩り」。大人が庭や家の中に隠した、卵や鶏の形のチョコレートを子供たちが探します。幼稚園児や小学校低学年生を集め、各都市の公園で大々的なチョコレート狩りイベントも行われます。もともとは、キリストが死んでからならなかった教会の鐘が復活と同時に鳴り出し、その鐘が生命の象徴である卵を運んできたという伝説からイースターエッグが生まれた、と言われています。卵の中身をとりだし、チョコレートを入れるという習慣は18世紀に遡ると言われています。

 

スーパーでは、天井まで高くつまれたチョコレートが飛ぶように売れていきます。

 

La fête de Paques  ラ・フェット・ドュ・パック

そして有名メゾンも、こぞって大人向けのチョコレート販売に力を入れます。

各メゾン毎、卵や鶏の解釈は違いますが、そのなかでもパトリック・ロジェは別格。

卵や鶏も、彼にかかるとこんなに斬新。

チョコレートでできてるとはとても思えない、食べないでずっと飾っておきたい程の完成度には感動。

 

La fête de Paques  ラ・フェット・ドュ・パック
La fête de Paques  ラ・フェット・ドュ・パック
La fête de Paques  ラ・フェット・ドュ・パック

Patrick Roger (パトリック・ロジェ)

パリに三店舗。

サンジェルマン地区に、贈答用専門のブティックができたばかり。