今回は、以前紹介した

クラフトチョコレートワークスのチョコレートからコーヒーに合う一枚をご紹介します。

 

このドミニカ共和国のチョコレート。

ドミニカはカリブにある島々の中のひとつです。カカオの生産量は毎年約8万トンで、生産量の順位としては10位前後とそんなに多くはないそう。しかしながら、独特な深い味わいが特徴とされていてラム酒なんかと合わせる人も居るようです。

 

ドミニカ共和国

 

クラフトチョコレートワークスで取り扱ってるドミニカ共和国のバーは、深いビターの味わいがしっかりと残ります。お店の人のおすすめはコーヒーと合わせる食べ方ということで、試してみました!

 

コーヒーは深煎りに。

ビターだけどコクのあるチョコレートとコーヒーは、仕事が疲れたなぁという昼過ぎの時間にぴったり!シナモン・八角のような香りがするのですが嫌な感じではなく、チョコレートの味わいにスパイスが加わりとても心地良い複雑さを感じる味。お疲れの時は、少量のチョコレートとコーヒーで、もう一踏ん張り!

 

皆んなのコーヒータイムにもぜひ、ドミニカ共和国のビーントゥバーをお試しください。

 

すみれ