COLUMN

きたる2月14日。

この日は皆さんもご存知のバレンタインデーです。恋人同士でチョコレートを送りあったり、職場や友達への感謝を込めて渡す方もいると思います。

 

バレンタインデーの起源

では、そんなバレンタインデーの起源はご存知でしょうか?

バレンタインデーの起源はローマ時代まで遡ります。ローマでは、結婚するとローマ兵士の士気が落ちるという理由で兵士たちの結婚が禁止されていました。そんな中、キリスト教の司祭であったバレンタインは密かに兵士を結婚させた為、捕らえられ、見せしめとして2月14日に処刑されたのです。そのため、この日を「恋人たちの日」とするようになり、愛するもの同士が贈り物をし合う習慣が生まれたというのが一般的な説です。

 

皆んなが楽しんでいる、馴染みの深いイベントがこんな風にスタートしたとは驚きですよね。

 

また、日本ではバレンタインデーといえばチョコレートを女性が男性に贈り愛を告白するという日として定着していますが、実はこれ、メーカーの戦略の結果なのです。

 

1958年、メリーチョコレートがデパートでバレンタインセールにチョコレートの販売を開始しましたが、3日間に売れたチョコレートはたったの3枚だったそう。悩んだ結果、翌年はハート型のチョコレートに相手の名前を入れるサービスを行い、「年に一度、女性から男性へ愛の告白を!」というキャッチコピーを掲げたそう。

 

その後、他のメーカーもそれに続くようにバレンタインキャンペーンを実施。バレンタインデーは女性から男性へチョコレートをプレゼントする日として定着したのです。

 

恋人への想いや、仕事への熱量、沢山の思いが詰まった一日。皆さんにも大切に思う人が居ると思います。恋人だけでなく、友達、家族、日々自分の周りにいて言葉をかけてくれるさまざまな人たち。

 

思いを伝えるというのは時に照れや恥ずかしさもありますが、形にしないと伝わらない事。形にしてもらう事で感じる心の奥がじんわりとした暖かさ。この日を使って周りの大切な人達にありがとうの気持ちを伝えたいなと思いました。

 

皆さんも素敵なバレンタインデーを過ごせます様に

 

すみれ